曹操の南方攻略開始

袁紹を倒した曹操は、北方の憂いが無くなった事で、

南方制圧の為に進軍を開始します。

 

まずは荊州の劉表の元へ進軍を開始します。

そのタイミングで、劉表は病死してしまいます。

 

その際に、劉琦(兄)と劉琮(弟)の間で、

後継者争いが起こり、最終的に弟の劉琮が後を継ぎます。

しかしその劉琮は、戦わずして曹操に降伏してしまいます。

 

戦う気でいた劉備もこれには唖然としてしまい、

守っていた新野の城から、南方の要所の地である江陵まで移動を決意します。

 

 

この際に、劉備を十数万人の住民が慕い、

劉備の後をついてきます。

 

多くの人は、邪魔になるから置いていく事を劉備に提案しますが、

劉備は見捨てる事もできず、一緒に行軍を開始します。

 

しかし、十数万人を連れた行軍は遅く、

曹操軍に先鋒隊5000人に長坂坡(ちょうはんぱ)で追い付かれ、攻撃を受けてしまいます。

 

これにより劉備軍は散々に蹴散らされ、

江陵に移動することなど不可能になってしまうのです。

長坂坡の戦い

曹操軍に追い付かれた劉備軍は、

住民を伴ったまま戦う事も出来ず、散々に蹴散らされてしまいます。

この際、劉備の妻子も不明になってしまいます。

 

しかし趙雲の活躍もあり、

妻と阿斗(後の劉禅)を救いだします。

 

ちなみに劉備の娘二人も行方不明になったそうですが、

この二人の娘は曹純(そうじゅん)に捕まってしまい、その後どうなったかは分かりません。

趙雲、妻子を救う

蒼天航路より画像引用

 

妻子を救う為に一騎で敵軍に突撃した趙雲の姿を見て、

「趙雲が裏切った!」という者もいたが、

 

「趙雲はそんな男ではない!!」とその者を叱りつけた。

 

 

結局趙雲は、妻子を連れて、劉備の元に帰参します。

 

これを見た劉備は、

赤ん坊である阿斗を投げ捨て、

 

そして趙雲に対して、

「お前が助けてくれた自分の子供の命を粗末にしたわけではない。

赤ん坊はまた産めばよいが、お前のような忠義の者はまたと得られない」といった話も残っています。

張飛の活躍

蒼天航路より画像引用

 

このピンチの状況で、

最大に活躍したのが張飛です。

 

曹操軍5000人の先鋒隊に対して、

たったの20騎程度で殿(しんがり)を引き受けます。

 

長坂波にある橋を切り落とし、

「死にたい者がいれば迷わず川を渡ってこい」と叫びます。

 

この張飛の叫び声に対して、

誰も川を渡る事ができず、撤退を始めたそうです。

 

実際は、20騎程度で殿を務めるはずもなく、

伏兵を恐れて、一旦撤退したというのが正直な所かもしれませんが、

 

理由はどうあれ、

これによって曹操軍の追撃を退けます。

交州の権力争いで散った劉備の幼馴染み「呉巨」

 

その後別動隊で行動していた関羽と合流し、

敗残兵をまとめて、夏口(かこう)の地へ移動します。

 

ただ大被害を受けている劉備軍は、

曹操軍とこれ以上戦う力もほとんど残っておらず、

孫権と同盟を結ぶ為に、諸葛亮を孫権の元に向かわせます。

曹操軍の接近で揺れる孫権陣営

曹操軍が南方制圧の為に進軍を開始し、

孫権の家臣は、どうしたものかと話し合いが続いていました。

 

そもそも孫権は、孫堅の子供で、

兄の孫策が死去した後を継いだばかりの状況でした。

 

曹操は献帝を擁しており、兵力も多い為、

勝ち目がなく、降伏した方がいいという者と、

曹操に降伏せず、徹底抗戦すべきという者に意見が分かれており、

 

最終的には、

「陸戦ならば曹操に有利ですが、水上戦ならば勝ち目がある」

という周瑜の意見を信じて、開戦を決意します。

孫策の親友&孫権から兄と慕われた周瑜

劉備と孫権、同盟を結ぶ

曹操と対決する事は決定していた孫権ですが、

同盟を結ぶ為に訪れてきた諸葛亮に会います。

 

諸葛亮は孫権が戦う意思があるのかどうかが分からず、

まずはそれを探らなければ話になりません。

 

そこで諸葛亮は、孫権と対峙するなり、

「曹操軍は強いので、早々に降伏した方がよい」と挑発します。

 

これに対して孫権は、

「では何故劉備殿は降伏しないのか?」と返します。

 

「劉備殿は、漢王朝の血を引いており、

漢王朝をないがしろにする曹操に降伏なんてできるはずもない。

もし戦って敗れたならばそれも天命。」と諸葛亮はすかさず返します。

 

これを聞いた孫権は、

「こちらも降伏などは考えてもいない。」

と諸葛亮の挑発に乗った形で、孫権は同盟を結びます。

赤壁の戦い

劉備と孫権が同盟を結び、

曹操は孫権と川を挟んで対峙します。

 

曹操軍は圧倒的兵力があり、

水上戦の為に水上要塞や多くの船を用意しました。

 

ですが実際の水上戦では、

船酔いしたり、揺れる船の上でうまく戦えず、

孫権軍は曹操軍を完膚なきまでに叩き、撃退する事に成功します。

 

孫権軍は、この赤壁の戦いで、

「苦肉の策」「連環の計」といった戦略も用いています。

苦肉の策(苦肉の計)・・・偽って降伏させる計略

連環の計・・・船を鎖で繋いで身動きを取れなくする計略

苦肉の策

連環の計

三国志演義では、曹操を追い詰める等の話が記載されていますが、

実際の所、劉備軍はほとんど何もしてないのです。

 

ただ赤壁の戦いで、曹操の南方制圧の野望を防いだことで、

曹操・劉備・孫権が争う三国時代へ突入していきます。