氷城の計

 

氷城の計とは、寒い時期に、

その寒さを利用して、一夜で氷の城(または砦)を作ってしまうというものです。

 

日本でも秀吉の墨俣城(一夜城)の話が有名ですが、

それと同じようなものです。

 

一夜で城が完成する事で、相手が受ける精神的ダメージが大きく、

戦略的にも砦を利用して戦う事ができる利点もあります。

実践&結果

曹操が馬超・韓遂連合軍と戦っていたころ、

馬超・韓遂の半端ない回数の夜襲に苦しめられていました。

反乱に生涯を捧げた男「韓遂」

良くも悪くも自分の信念のもとに乱世を生き抜いた馬超

横山光輝三国志(31巻193P・203P)より画像引用

 

 

それにより兵士達は睡眠不足に陥ったり、

疲労困憊の状態になっていました。

 

曹操はそれを打開するために、砦を築こうとしますが、

完成間際に火攻めや水攻めによって毎回破壊されてしまいます。

 

その度に一から砦作成をしなければならず、

曹操は途方にくれていました。

夢梅老人による解決策

そんな時に夢梅という老人が曹操の元を訪れ、

 

「砦をある程度作った所で、砦全体に水をかけていれば、

夜が明ける頃に砦が完成してるでしょう」とアドバイス。

横山光輝三国志(32巻21P)より画像引用

 

 

曹操は良い意見と思えば、

誰の意見でも素直に聞き入れる器の持ち主でもあるので、

 

夢梅老人が言っていた意味を瞬時に理解し、

その日すぐに実行に移します。

 

そして次の日に、氷の砦が見事に完成してしまうというものです。

横山光輝三国志(312巻30P・31P)より画像引用

 

砦が完成した事で、

馬超・韓遂軍の夜襲に悩まされる事がなくなるのです。

 

 

そして余裕が生まれた曹操軍は、

馬超・韓遂軍を撃破する為の戦略を練ることができるようになり、

 

最終的に賈詡の提案した「離間の計」により、

馬超と韓遂の関係は見事に崩れ去り、仲違いを始めたわけです。

 

そして最終的に曹操軍の勝利に終わったという感じですね。