劉虞

劉虞(りゅうぐ)は、

劉秀(光武帝)の長男である劉彊(りゅうきょう)の子孫で、

後漢皇帝の血を引いており、非常に人望も厚かった人物です。

 

劉備も漢皇帝の子孫だと称していますが、

劉備が胡散臭いのに対して、

劉虞は誰もが認める正真正銘の皇帝の一族でした。

劉備は前漢皇帝の子孫なの?

 

またそれだけではなく、北方民族からも慕われ、

幽州での人望も非常に厚かったのです。

 

幽州を中心に張純の乱が起こった際は、張純と張挙を打ち破り、

この反乱に加わっていた鳥丸の丘力居も劉虞に帰順し、この反乱を鎮圧しています。

実は知られていない袁術よりも早く皇帝を名乗った張挙(張純の乱)

 

この功績によって三公の一つである「大尉」に任命されています。

 

董卓時代には、献帝が劉虞への期待を寄せ、

「大司馬」に昇級させています。

劉虞VS公孫瓚

 

公孫瓚は劉虞と仲が悪いだけでなく、

公孫瓚は袁紹とも仲が悪かったのです。

 

それに対して、劉虞と袁紹は仲が良く、

袁紹らは劉虞を新皇帝にしようとしたぐらいです。

しかし劉虞が献帝を気遣い、頑なに拒否しています。

 

そういう事もあり、

公孫瓚は何度も袁紹と武力衝突していました。

しかし袁紹によって公孫瓚は追い詰められていきます。

 

 

そんな時に、公孫瓚によって嫌がらせを受けていた劉虞が、

怒りを爆発させ、公孫瓚を討伐するために出陣します。

 

劉虞は非常に人望があり、

彼の元に異民族も含め、かなりの数が集まります。

その数は10万人を超えたと言われています。

劉虞の意味不明な命令

10万人を超える劉虞の軍勢は、

公孫瓚の兵力と比較にならず、劉虞の圧勝かと思われていました。

 

しかしここで劉虞は、

10万人を超える兵に対して意味不明な命令を出します。

 

「攻めてきた敵を傷つけてはいけないし、殺すなどはもっての他である。

討つのは公孫瓚一人だけだ!」

 

そんな中、公孫瓚軍が1000人にも満たない数で攻めてきます。

それに応戦した劉虞軍は、相手を傷つけてはいけないので混乱状態になります。

 

攻めてきてる敵に対して戦う事もできない為、

遂に劉虞軍の兵士は逃亡を開始します。

 

そして、劉虞は捕らえられてしまいます。

公孫瓚の無理難題

公孫瓚に捕らえられてしまった劉虞は、

これまでの関係から、殺す気まんまんでした。

 

 

その為、劉虞に対して無理難題の要求をします。

 

「お前が皇帝になれるほどの人物なら雨を降らすこともできるだろう。

ただし雨を降らすことができなかったら処刑する!!」

 

当たり前ですが、雨が降るわけはありません。

その結果、劉虞は処刑されてしまいます。

 

 

劉虞を処刑した事で、

公孫瓚の立場は非常に悪化します。

劉虞に帰順していた異民族も公孫瓚に対して反旗を翻していきます。

 

そんな中、公孫瓚と袁紹は武力衝突に発展していきますが、

公孫瓚は破れ、最終的に自害して果てています。