曹沖(そうちゅう)

 

曹沖は、曹操の側室であった環夫人との間にできた子です。

曹丕や曹植とは異母兄弟になります。

 

また幼い頃から非常に学問にはまり、

曹沖が5・6歳になる頃には、大人たちを凌ぐほど聡明でした。

 

また人に対しても優しい心の持ち主でもあった為、

人々から愛され、将来を有望視されていました。

 

曹操も、才能豊かな曹沖を愛し、

兄の曹丕を差し置いて、曹沖に跡を継がせたいと思うほどでした。

 

 

曹沖が大病にかかった時は、

各地の名医を集めて治療させたそうです。

 

それだけではなく、

普段は軽んじていた祈祷屋まで呼んで、

曹沖の回復を願っています。

 

しかし手当てと祈りの甲斐もなく、

曹沖は13歳の若さでこの世を去ります。

 

また曹沖が死去する少し前に、

天下の名医であった華佗(かだ)を殺してしまった事を

曹操は生涯後悔したそうです。

 

 

そして結婚せずに死んだ曹沖の為に、

同時期に死んだ美しい甄家の少女の遺体を譲ってもらい、

結婚式と葬式を同時に行ったそうです。

 

せめて死んでからでも幸せになって欲しいという

曹操の願いが込められていたのでしょう。

曹操と曹丕

曹操は、曹沖が死んだ際に、

曹丕に対して次のように話したことがあります。

 

「曹沖の死は、私にとっては大きな悲しみだけれども

お前(曹丕)にとっては幸いなことだ。

なぜならこれでお前が私の後継者になれるのだから」

 

 

また魏を建国した曹丕は、

「兄の子脩(曹昂)が生きていても無理だったが、

曹沖が生きていたとしても、

私が皇帝になって天下を治めることはなかっただろう」と語っています。

曹沖の逸話①

ある時、曹操の元に、

孫権から象の贈り物が届いた事がありました。

 

曹操は家臣に対して、

象の重さがどれぐらいあるのか尋ねます。

 

しかし、誰も答える事が出来ない中、

「象を船に乗せて、その船が沈んで水の跡がついた所に印をつけて、

その後、象と同じ水面下になるまで、重しを乗せていけばいい」

と曹沖(5歳)が答えます。

 

それを聞いた曹操は、喜んで実行したそうです。

曹沖の逸話②

 

ある時、曹操が倉庫で保管していた鞍(乗馬の際の馬具)が、

ねずみにかじられてしまう事がありました。

 

ねずみにかじられる事は、不吉の前兆と言われていた為、

これを管理していた門番を処罰しようとします。

 

この事を耳にした曹沖は、その門番を呼び出して、

3日後に曹操に謝罪するように伝えます。

 

 

そして曹沖は、自分の服に穴をあけ、

ねずみにかじられてしまい、

不幸な事が起こるのではないかと怯えるそぶりを見せます。

 

これに対して、曹操は、

「そんなものは迷信だから気にする必要はない」

と曹沖に優しく言葉をかけます。

 

3日後、門番が曹操の元に謝りにくると、

「身につけている衣服でさえ、ねずみにかじられる事もあるのだから、

倉庫に置いていた鞍がかじられるのも当然のことだ」

といって、笑いながら門番を許したそうです。