孔融(こうゆう)

孔融は幼い頃から学問が好きで勉強し、博識ある人物でした。

また孔融は、儒教の祖である孔子の末裔で、慕っている者も多かったようです。

 

孔融が10歳だった時、

天下に名が知られていた李膺(りよう)に面会を申し込み、

 

 

門番をしていた人に「私の先祖は、貴方の先祖と親しかった間柄」である事を、

李膺に伝えてくれるように頼みます。

 

なぜ孔融がこういう事を門番に言ったかというと、

李膺は、変わった考えの持ち主で、

先祖代々付き合いのあった者としか会おうとしなかったと聞いていたからです。

 

門番から伝えられた李膺は、

「私の先祖と貴方の先祖はどういう付き合いがあったのか」

と孔融に問いかけます。

 

これに対して孔融は、

「私の先祖である孔子は、

貴方の先祖であった老子と徳を重んじた友人でした。

だから私達は、昔からの付き合いになりますよね?」と返します。

 

これを聞いた李膺は、

孔融を褒め称えています。

 

 

しかしこの場に同席していた陳煒(ちんい)という者が

二人の間に割って入って、孔融に問いかけます。

「子供の時に賢くても、大人になっても賢いとは限らないよ」

 

これを聞いた孔融は、

「では貴方が子供の頃は、非常に賢かったのでしょうね」

と機転を利かした返答をします

 

これを聞いた李膺は、

「孔融殿が大きくなったら、きっと立派な人物になるでしょう」

と孔融を評価したそうです。

 

このように孔融は幼い頃から、頭の回転が速い人物でした。

北海の統治

その後の孔融ですが、後漢に仕官し、

北海(青州)を任され、6年間勤務しています。

 

その後、黄巾賊によって荒らされた青州を回復させる為に、

孔融が青州刺史に任命されることになります。

 

孔融はここで、儒教の布教に力をいれています。

孔融へ恩義を返した青年「太史慈」

その後の孔融

 

袁紹が力をつけてくると、

袁紹の長男であった袁譚(えんたん)に攻められ、孔融は敗れてしまいます。

 

袁紹に敗れてしまった孔融は、曹操が治めていた許都へ逃亡します。

 

そして献帝を擁立していた曹操に仕え、

将作大匠・少府・太中大夫を歴任しています。

また孔融は、建安七子の一人として数えられています。

 

しかし孔融は、曹操が行おうとした政策を、

ことあるごとに反論していました。

 

その反論はどことなく屁理屈が多かったため、

曹操は孔融の事を好きになれませんでした。

 

 

しかし赤壁の戦い直前に、

曹操の堪忍袋の緒が切れて、曹操に処刑されてしまいます。

 

孔融を処刑した理由は、

孫権の使者が許都に訪れた際に、曹操の悪口をいったからだそうです。

まぁ理由は何でも良かったのだと思います。

 

 

とにもかくにも、

中国に浸透していた儒教の産みの親であった孔子、

 

その子孫である孔融を処刑した事で、

曹操が悪人だというイメージがついた要因の一つになってしまっています。