劉楨(りゅうてい)

 

劉楨は文才に非常に優れており、

「建安七子」の一人に数えられた人物で、多くの作品を生み出しています。

 

そもそも建安七子とは何かというと、

献帝が治めた年号を建安(196年~220年)と呼んでおり、

 

その頃、曹操・曹丕・曹植のもとで、

活躍した7人の文人の事を指しています。

 

 

当時の劉楨は、

曹丕や曹植と親しく付き合っており、

曹丕の賓客として大事にされていました。

 

ある時、曹丕の妻であった甄姫(しんき)が宴席で挨拶した時、

他の者が平伏している中、劉楨が一人だけガン見した事がありました。

 

この出来事を聞いた曹操によって、

劉楨を牢獄にぶちこまれてしまいます。

 

この事件により、劉楨と共に曹丕の賓客になっていた呉質も

連座の罪でとばっちり(左遷)を受けてしまいます。

 

 

また曹丕は劉楨に対して、

「貴方はどうして法律を守らないのか?」と問うと、

 

劉楨は、「法律がしっかりしすぎているからです」

と返しています。

 

曹丕もこれを聞いて、苛立ちを覚えた事でしょうね。

曹丕と劉楨の逸話

ある時、曹丕が劉楨から、

革帯を借りようとしたことがありました。

 

そして曹丕が革帯を借りる際に、

「高貴な物は、卑しい人間より、高貴な人間が持っている方が良いのだ」

といって劉楨をからかったことがありました。

 

からかわれた劉楨は、

「物というのは、完成するまでに、

必ず卑しい人間が手を加えているんですよ」と曹丕に返したそうです。

王昶(おうちょう)の評価

王昶は、曹丕が太子だった頃から仕えていた家臣で、

最終的には「三公」である司空まで上りつめた人物です。

 

その王昶は、

劉楨について次のように評価しています。

 

「劉楨は、誠実な人柄で、

博学で才能もある人物だった。

 

しかし劉楨の人柄とその行動にはムラがあり、

自分を制御したり、人に遠慮するといったことが少なかった為、

長所と短所が同じぐらい目についた。

 

私自身は、劉楨を評価しているが、

私の子が劉楨を慕う事だけはしないで欲しい」と・・・