鄒氏(すうし)

 

鄒氏はもともと張繍の叔父にあたる張済の妻でしたが、

 

張済が亡くなった後は未亡人になり、

宛を治めていた張繍がいる宛に身を寄せていました。

 

鄒氏は、豊麗で怪しい雰囲気を持っており、絶世の美女だったそうです。

 

その為、張繍は鄒氏の面倒を見てる中で、鄒氏のことが気になっていったようですけど、

叔父の妻だったことが足かせとなっていたみたいですね。

 

 

 

 

そんな事情などおかまいなしに、宛を攻略すべく曹操が攻め込んできます。

 

張繍は賈詡(かく)の助言を聞き、一旦曹操に降伏して機会を待つように進言し、

張繍自身も賈詡の助言を聞いて、曹操に降伏する事にします。

 

張繍の降伏を許した曹操は宛城に入城するのですが、

そこで出会ったのが鄒氏でした。

 

曹操は鄒氏を一目見て気に入り、鄒氏を愛人にしてしまいます。

曹操は未亡人なんて気にする男じゃありませんし。

蒼天航路(10巻26P)より画像引用

 

 

この曹操と鄒氏の関係は、自然と張繍の耳に入ってきます。

 

これを聞いた張繍は激怒し、賈詡と相談した結果、

油断している曹操を討ち取る計画を立てます。

 

そしてこの作戦が見事に成功し、曹操軍は壊滅的被害を受けてしまいます。

 

曹操は命からがら宛城から絶影(愛馬)に乗って逃げるわけですが、

この時、曹操の長男であった曹昂(そうこう)、

曹操の弟の子である曹安民(そうあんみん)、豪傑典韋を失ってしまいます。

鄒氏のその後

これには大きく二通りの説があります。

 

一つ目は、妖艶な色気を持った鄒氏によって、

曹操を虜にした程の女性をこのまま生かしておけば、

後々良い事など何もないと判断した曹昂によって斬り捨てられたというものです。

蒼天航路(10巻114P)より画像引用

 

 

もう一つの説はというと、

張繍が曹操の愛人になった鄒氏を許すことができず、

切り捨ててしまったというものですね。

 

どちらの説でも鄒氏は斬り捨てられたわけです。

鄒氏からしてみれば理不尽にもほどがあるといったところでしょう。

鄒氏は本当に絶世の美女だったのか?

曹操を虜にした鄒氏は絶世の美女だったという話は多いですが、

実際の所、絶世の美女だったという記載は正史に残っていません。

 

なので案外普通レベルの女性だったかもしれませんし、

びっくりするほどの美女だったかもしれません。

 

 

ただ鄒氏という女性に尾びれがつきまくって、

後世の人々が「人を惑わすほどの絶世の美女」として作り上げていった可能性もあると思います。

 

ただ一つ間違いないのは、

曹操が鄒氏を一目で気に入って愛人にしたという事実ですね。

曹操の払った代償の大きさ

多くの兵士を死なせてしまった事もさることながら、

 

やはり曹昂・曹安民・典韋を宛城で失ってしまった事が、

なにより曹操にとって一番痛かったことでしょう。

 

 

そして長男であった曹昂を失った事で、

曹昂の育ての親でもあり、曹操の正室でもあった丁夫人は、

曹操に愛想をつかしたばかりか、激怒して実家に帰郷してしまいます。

蒼天航路(10巻154P)より画像引用

 

 

曹操は未練があり、その後丁夫人の家まで訪ねて、

「そろそろ私の所に戻ってきてくれないか?」と言うも丁夫人はまったく聞く耳持たず。

 

これにより曹操は丁夫人と離婚することになってしまいます。

愛人にうつつを抜かしたばかりに、本当に大事な人まで失ってしまったわけです。

鄒氏は何も悪くない

鄒氏は夫を失って独り身の時に曹操に出会ったわけです。

 

そんな時に曹操に誘われ、鄒氏も曹操の愛人になるわけなので、

張繍や曹昂に何かを言われる筋合いはないわけです。

 

浮気をしてたわけでもなく、一人の女性として恋愛をしただけの話です。

 

それなのに「全てはお前のせいだ」と言わんばかりに、

無慈悲に切り殺されてるわけですからね。

 

悲劇のヒロインとは、まさに鄒氏のような女性をいうのでしょう。