今現在、皆さんが正月に当たり前に飲んでいる「お屠蘇とそ」。

 

当たり前になりすぎてその由来を知らない人も多いかもしれませんが、

これを最初に考え出したのは三国時代の名医であった華佗でした。

 

華佗の一般的なイメージは医者としての知名度でしょう。

華佗に治療を受けた事がある人達とその治療法

 

華佗は、「五禽戯ごきんぎ」といった健康法を産み出したりと、

医術の延長線上として考え出されたものが他にもあります。

 

今回はそんな華佗が考え出した「お屠蘇」について見ていきます。

華佗の編み出した健康法「五禽戯(ごきんぎ)」

「お屠蘇」の由来

正月に家族や親戚と正月を迎えた事を祝うために飲む「お屠蘇」ですが、

一番最初に華佗がお屠蘇として振舞った相手があの乱世の奸雄と呼ばれた曹操でした。

 

正式名称としては「屠蘇延命散(屠蘇散)」といいます。

 

 

では華佗が曹操に何故「お屠蘇」を振舞ったのでしょうか?

それは、華佗が曹操に招かれて専属医師になっていた時の話です。

 

曹操はこの時代に美味しいお酒を造る事に一生懸命に取り組んだ人物でもあり、

 

そんな酒が好きな曹操に対して、

体に良い薬草(漢方)を酒に混ぜて飲ませたのが始まりなわけです。

 

その後、民衆にも広がっていったと言われています。

 

 

さて華佗がどんなものを酒に入れていたかというか

以下のもの等を粉末状にして混ぜていたといわれています。

  • 赤朮(せきじゅつ/現在の青朮)
  • 蜀椒(さんしょう)
  • 細辛(さいしん)
  • 大黄(だいおう)
  • 桔梗(ききょう)
  • 防風(ぼうふう)

 

そして華佗がこれらを混ぜた理由は、

中国の寒い冬を乗り越え、健康に過ごせるように華佗が考え出したものであり、

 

邪気をほふり、魂を蘇らせるという意味を含めて「お屠蘇」と名付けられたそうです。

「お屠蘇」の伝承

華佗が「お屠蘇」を最初に作りだして曹操に献上した事は、

晋時代に書かれた「小品方」という医学書に記載が残っています。

 

そしてこの「お屠蘇」は、華佗が処刑されてしまう事で、

華佗の医術方法と同様に資料が残されないまま消えてしまうのですが、

 

曹操が生きていた時代より約100年後にあたる隋や唐の歴史書にも「お屠蘇」の名前が書かれており、

人々によって伝承されていたことがわかるのです。

 

 

華佗は寒い時期に「お屠蘇」を飲む事で、

「一年間健康に過ごせますように!」という願いを込めたわけですね。

 

日本では794年から平安時代に突入するのですが、

その時代に「お屠蘇」は唐から日本にも伝わりました。

 

何故なら「お屠蘇」に関する記載が、紀貫之の土佐日記に記されています。

平安時代の天皇であった嵯峨天皇も正月には「お屠蘇」を飲んでいたそうですよ。

 

この頃は誰でも「お屠蘇」を飲んでいたわけではありませんが、

江戸時代の頃には民衆にも一般的に広まっており、

 

今でも「お屠蘇」は、正月の良い風習として現在にも受け継がれているのです。

お屠蘇の飲み方

「お屠蘇」についての飲み方ですが、

 

江戸時代の1712年に書かれた「和漢三才図会わかんさんさいずえ」に記載が残っていますので、

それを紹介したいと思います。

  1. 「お屠蘇」に入れるための薬草(漢方)を三角形のモミ袋に入れて、大晦日に井戸に入れておく。
  2. 正月になって井戸に入れておいた約束(漢方)を取り出す。
  3. 取り出したものを酒に入れて、数回沸騰させてあげる。
  4. 家族みんなで東を向いて、年齢が若い者から順に「お屠蘇」を飲んでいく。

 

 

これが正式な飲み方だそうです。

 

私たち一般的な感覚からすると年長者からお酒を飲んでいくというのが一般的な感じがしますが、

それとは真逆の飲み方が本来の飲み方だったわけです。

 

年少者から飲むというのは意味があり、毒見の意味があったからですね。

 

 

そしてお屠蘇で残ったもの(薬草の粉末など)は井戸に戻し、

 

年を取るごとにこの水を使ったお屠蘇を飲むと、

いつまでも健康に過ごせるという風に書かれてあります。

「お屠蘇」の効果は本当にあるのか!?

もともと「お屠蘇」の目的は、寒い冬の間に邪気が体内に侵入し、

春になったら病気として発症する事を防ぐ目的でした。

 

今では暖房や電気ストーブ等、冬を温かく過ごすための環境が整っていますが、

当時はそんなものなんてありません。

 

その為、病気にかかる人が多かったのも事実なのです。

 

 

例えば赤朮は、胃を健康にする効果があります。

大黄にしても胃や腸の働きを良くし、悪いものを体内から出す働きがあります。

 

また山椒にしてもそうです。

腸の働きを良くしたり、発汗作用をよくしてくれます。

 

このように胃腸に良いものを調合しており、

一つ一つの薬草(漢方)に意味がきちんとあるわけです。

 

またそれだけでなく血液循環を促してくれる酒に混ぜた事で、

更なる効果が生まれた事でしょう。

 

 

逆に華佗が何も考えずに適当に粉末を混ぜた酒を、

「曹操様、飲んで!」って献上する方が普通にあり得ませんからね(笑)

 

何より効果があったからこそ、民衆から口伝えで後の時代まで伝わったのでしょし、

日本に伝わってから現在に至るまで良い風習として残っているだと思います。

 

それが何よりの証拠でしょう。

もしも良くないものであったなら伝わるどころか、すぐに「お屠蘇」の風習は終わってたことでしょうね。