袁紹が華北で一大勢力を築き上げた裏方で、

確実に暗躍し、袁紹の野望に水を差していた参謀の一人がいました。

 

それは袁紹・袁尚に仕えた郭図という人物ですね。

 

 

もちろんですが、袁紹の能力的な所や、

優柔不断な所があったという問題もあるとは思いますが、

 

官渡の戦いで大敗北を担ったきっかけの一つとして、

間違いなく郭図にもあったと言っても過言じゃないかと思います。

 

それだけではなく、袁家を分裂に導き、

袁家滅亡の元凶を担った一人だと言えるでしょう。

 

そんな郭図の生涯を今回は見ていきます。

郭図(かくと)

郭図は若かりし頃、荀彧・荀攸といった、

後に曹操軍で活躍する者達と肩を並べる程に高い評価をされ、官吏として漢王朝に仕えています。

 

その後、漢王朝の権威が地に落ち始めると、

漢王朝の時代に三公を多数輩出した袁家の袁紹に仕える事を決意。

 

 

袁紹が領地取得の野望が芽生えると、

鄴を中心に冀州で勢力を維持していた韓馥らを説得して、地盤を引き継がせています。

 

実際説得といっても、半ば強制的に奪ったような感じですね。

 

 

そして郭図は、袁紹軍の中で力を持つようになっていきますが、

 

これが後に袁家滅亡への階段を降りる事になろうとは、

この時の誰も知る者はいなかったでしょう。

沮授の献策に全力で反対する

まだ曹操が献帝を迎える前の話ですが、

 

袁紹臣下の中でも名参謀の噂が高かった沮授が、

袁紹に対して献帝を鄴に迎えるべきだと進言したところ、

 

郭図がこれを全力で反対しています。

 

実際は郭図だけでなく、淳于瓊じゅんうけいも反対していますが、

何故そんな全力で反対したのか意味不明です。

曹操に求められ、袁紹への忠誠を貫いた沮授

 

沮授の進言が通ることは、郭図にとって嬉しいことではなかったのでしょう。

 

一言で言ってしまえば、

自分だけが出世できればいいやみたいな感情があったんじゃないでしょうかね!?

 

 

後に献帝を迎えた曹操は大義名分を得て、大きく飛躍する事になりますし、

 

もしこの時に、袁紹が献帝を迎えていれば、

それだけで曹操に付け入る隙すら与えなかった可能性もあると思います。

 

 

結局曹操は大きなスケールの持ち主であったことは間違いありませんが、

 

献帝を迎えたことで、

その権威を利用して領土拡大をしていけたのも事実なわけで・・・

献帝を迎えるべきだと主張

沮授が献帝を迎えるべきだと主張した時には頑なに反対していたのに、

 

袁紹の使者として、献帝の元を訪ねて帰ってきた時には、

「やっぱり献帝を迎えた方がいいですよ」と進言する始末。

 

そして「献帝にあったからこそわかったんですが、

献帝を迎える事で大義名分を得られますし、迎えるだけの尊厳を持ってる人物でした」

 

みたいな感じで、

自分の意見みたいな感じで進言したんじゃないでしょうかね。

 

そもそも沮授が既に何度も進言してることなんですけど・・・・

 

 

実際この進言に、

袁紹は沮授の時同様に耳を貸すことはなかったみたいですが、

 

沮授の時に郭図らが反対していた事も、

袁紹の脳裏に少なからず残ってたと思いますし・・・

 

結局は郭図は、自分の事しか考えてないんじゃないかなぁと思うわけです。

沮授と田豊の長期戦に反対する

199年に曹操との戦いを挑もうとする袁紹に対し、

沮授や田豊は長期戦で挑むように袁紹に進言します。

 

長期戦を薦めたのにも理由があり、

曹操は献帝の力を利用しており、一筋縄でいかない人物という事を知っており、

 

呂布・劉備・袁術といった周りの敵対勢力を倒した状態で勢いもあり、

こちらに集中して挑める今のタイミングで短期戦を挑むべきでないという考えからでした。

 

 

曹操の周りには群雄どもがまだまだ割拠しており、

 

長期戦になればなるほど、

曹操にとって不都合なことが起こる可能性が高かったのも理由の一つでしょう。

 

他には食糧問題もあったでしょう。

 

 

沮授や田豊の考えは、その時々の情勢に臨機応変に対応しており、

この時の助言も的を得ているものでした。

 

しかし、当たり前のように郭図は大反対して短期戦を主張!

田豊というより、沮授が相当嫌いだったのではとしか思えません。

 

袁紹の為というより、沮授の意見が袁紹に採用されることが、

どうしても許せなかったんじゃないかと・・・

 

 

まぁ結局短期戦で挑むことを決意した袁紹ですが、

誰もが知る通り、官渡の戦いで袁紹軍は惨敗を喫してしまいます。

 

もし沮授や田豊の言った通りに長期戦で挑んでいれば、

ただでさえ曹操より兵力的にも大きく勝っていた袁紹が負ける理由もなかった気がします。

 

結局短期戦でも曹操が弱音を吐くほど、

袁紹軍に苦しめられていたのも事実ですからね。

沮授を貶める

沮授は袁紹に進言を取り上げられることが少なかったものの、

 

それでも袁紹の中で一定の信頼はあったことは、

監軍に任命されている事からも分かります。

 

ちなみに監軍といったら少し分かりにくい役職ですが、

当時の袁紹軍の総司令官的な立場だというと理解しやすい役職かなと思います。

 

 

このまま沮授が総司令官でいたならば、

袁紹が戦いに関して官渡の戦いのような大敗を喫することもなかったかもしれませんが、

 

ここでも郭図がやらかします。

 

「袁紹殿、沮授に権限与えすぎですよ。

何かあった時に危ないので、権限を分散させましょ」と郭図は袁紹に諫言。

 

これを聞いた袁紹は郭図の意見に流され、

沮授の権限を沮授・淳于瓊・郭図の三人に分けられることになります。

 

「相変わらず自分の事しか考えてないあぁ」と思わざるを得ないですね。

 

 

確かに権限の一点集中は、デメリットもありますが、

 

沮授のような真剣に主君のことを考えられる人がもっているのなら、

逆に安全でもあるんですけど、郭図にはそんなことが分かるはずもなく・・・

官渡の戦い(郭図の短期戦採用)

沮授・田豊が、曹操が体制を整え切っている今、

勝負を挑むべきではないと進言し、

 

勝負をどうしても挑むのなら長期戦で臨むべきだと言った進言も郭図らによって反対され、

袁紹からも郭図が唱える短期戦で挑むことになります。

 

 

そして官渡の戦いが起こるわけなんですが、

 

沮授はどうしても短期戦で勝負を決する事に納得ができておらず、

黄河をすぐに渡ることを避け、どうしたものかと機会を見計らっていました。

 

 

そんな中で、袁紹軍の猛将だった顔良・文醜が討死。

 

そして黄河を渡って戦おうとしない沮授がとばっちりを受ける形で、

沮授が率いていた兵は没収されて、郭図の軍に編成してしまうことになります。

 

郭図からしたら沮授の意見が退けられ、

総司令官から兵を持たない一人の将まで落とされたのだから、

 

内心これ以上の喜びはなかったかもしれませんね。

袁紹軍の猛将「顔良」

袁紹軍の猛将「文醜」

鳥巣の大失態

蒼天航路(16巻111P)より画像引用

 

曹操に短期戦で挑んだ袁紹でしたが、

それでも数にものを言わせて曹操軍を苦しめていきました。

 

しかしここで許攸が袁紹を裏切った事で、形勢は一気に曹操の方に傾きます。

 

許攸が曹操に告げた内容は、

袁紹軍のほとんどの食糧が鳥巣という地に保管されており、

 

ここの食糧を焼き払ってしまうと、袁紹軍は退却せざるをえなくなるというものでした。

曹操は許攸の言葉を信じて、淳于瓊の守る鳥巣を急襲します。

実は優秀でエリートだった淳于瓊

 

 

曹操が鳥巣を強襲しているという話が袁紹陣営に報告されると、

 

袁紹の臣下であった張郃が

「淳于瓊はおそらく敗れるだろうから、急いで救援部隊を出すべきです」と進言。

 

しかしここでまたしても郭図が反対し、

「今こそ曹操軍の本拠を攻撃した方がいいですよ!

 

そうすれば自然と鳥巣を急襲している曹操は退却せざるを得なくなるので、

鳥巣に救援部隊を送らずとも、自然に解決できるでしょ」と張郃と真逆の意見を進言。

 

 

この郭図の意見に対して、

「曹操本陣は堅固に守られているので、簡単に落とすのは無理です!!」

と真っ向から張郃が反論。

 

どちらの意見を採用するか迷った袁紹は、中途半端に鳥巣へ援軍を出し、

中途半端に張郃・高覧に曹操本陣を襲わせました。

 

その結果、鳥巣の淳于瓊は惨殺されて食糧は焼き払われます。

そして曹操本陣を襲わせた部隊は本陣を守る曹洪らによって打ち破られてしまいます。

 

計画が失敗したことで、張郃・高覧は曹操に降伏を決意。

 

 

鳥巣の食糧が焼き払われ、張郃・高覧が曹操に降伏したことで、

この官渡の戦いに決着がつき、袁紹軍は大敗北を喫してしまうことになります。

余談

官渡の戦いで敗れた際に、

審配の二人の子が曹操に捕らえられてしまいます。

 

これにより、袁紹臣下の中で力を持っている審配が裏切るおそれがあるので、

審配を用心した方が良いと郭図・辛評らが諫言。

 

これにより審配が失脚してしまいます。

 

 

審配は後に復職するわけですが、

この時のことがきっかけともなって審配と郭図・辛評の間で亀裂が起こり、

 

袁紹死後に袁家分裂を引き起こしてしまうことになるんですけどね。

袁紹の死による袁家分裂

202年5月に袁紹が死ぬと、

郭図・辛評が袁譚を、審配・逢紀が袁尚を跡継ぎに推します。

 

郭図・辛評と審配が跡継ぎを別々に後押ししたのは、

やはり官渡の戦い時の個人的な感情が少なからず働いたのは言うまでもないでしょう。

 

 

そして袁譚と袁尚の関係が完全に切れてしまうきっかけを作ったのも

当たり前のように郭図でした。

 

郭図が袁譚に対して袁尚の本拠地である鄴を攻めるように進言したことで争いが激化。

攻撃を受けた袁尚ですが、袁譚を逆に追い込んでいく事になります。

袁譚・袁煕・袁尚 -袁家滅亡を加速させた袁紹の遺児達-

袁家滅亡を加速させた元凶

これ以上袁尚からの攻撃を防ぎ切れないと判断した郭図は、

曹操と同盟を結んで袁尚を倒すことを提案します。

 

そして続けて、

「曹操と袁尚が争っている隙をついて、袁尚の領地を取得し、

袁尚の残党を吸収すれば、その後は曹操と戦う事も可能になる」と・・・。

 

 

袁譚は郭図の言う通りに実行し、曹操と同盟を結びます。

 

そして曹操と協力しながら袁尚を駆逐する事に成功し、

袁尚の残党も吸収して勢力を拡大しました。

 

ちなみに曹操によって鄴を攻められた際に、

鄴を守っていた審配は、鄴が陥落して捕らえられた後に処刑されています。

 

 

郭図の予想通りの展開になったと思いきや、

 

「どさくさに紛れて領地拡大し、兵力を吸収した袁譚を盟約破棄だ」

と言われて曹操に攻められる羽目に・・・

 

そして最終的に袁譚・郭図は南皮まで追い込まれて籠城しますが、

曹操によって南皮は陥落し、袁譚・郭図は共に斬り捨てられたことで決着。

 

 

郭図の生涯を見てきましたが、郭図は最後の最後まで、

完全に袁家を自分の出世の場として考えていた感じが否めませんね。

 

そして何より郭図がいなければ、

これほど早急に袁家が衰退する事もなかったのは、まず間違いないでしょう。