占い師と言ってまず三国時代に思い浮かぶ人物として、

魏には管輅、呉には江南八絶に数えられた趙達・劉惇・呉範・宋寿などが思い浮かぶかもしれません。

天才占い師、管輅(公明)

呉を支えた江南八絶(趙達・劉惇・呉範・厳武・皇象・曹不興・宋寿・鄭嫗)

 

今回紹介するのは、魏・呉の占い師ではなく、

蜀に仕えた趙直ちょうちょくについてみていきたいと思います。

趙直(ちょうちょく)

 

趙直の出生については謎が多く、趙直の両親もよくわかっていません。

 

ただ三国志正史にも登場する人物で、

蜀に仕えながら、占いを的中させたことで名を現在まで残した人物になりますね。

 

 

ちなみに占いといっても様々な占いの方法があります。

 

上で紹介した江南八絶の趙達は九宮一算を用いた占いを、

劉惇は天文占いを、呉範は風占いを、宋寿は夢占いを得意としていました。

 

趙直はそんな中でも、宋寿と同じく夢占いを得意としていたのです。

 

 

趙直の占いが正史に登場するのは、

何祗かし・蔣琬・魏延の三名についてですけど、

 

やはり三国志演義にも登場している魏延の逸話がやはり一番有名でしょうね。

 

 

そんな一番知名度が高いであろう魏延の逸話から見ていきたいと思います。

魏延の夢占い

横山光輝三国志(59巻113P)より画像引用

 

234年に諸葛亮は第五次北伐に五丈原にて病没するわけですが、

ここで登場するのが趙直でした。

 

魏延はこの時に不思議な夢を見ています。

 

どういう夢かというと、

「頭に角が生えた」というような夢内容でした。

 

魏延はこの夢が大変気になったようで、

夢占いで有名だった趙直に対して夢の内容を打ち明かします。

 

趙直はこの夢が魏延にとって良くない夢であったにも関わらず、

「麒麟という伝説上の生き物は角を頭に携えています。

しかし麒麟がその角を武器として使うことはありません。

 

ということは、魏延将軍の名を恐れて、

魏は将軍と戦うことなく撤退していくことでしょう」と告げたのです。

 

これを聞いた魏延は満足して、気持ちが晴れたのでした。

 

 

しかし、これは趙直が魏延についた嘘でした。

 

この話にはまだ続きがあり、魏延の陣営を後にした際に、

近者に対して本当の夢内容の真実を打ち明かします。

 

「魏延に言ったのは嘘の占いだ!

 

角という感じは刀を用いると書いて角と呼ぶ。

頭の上に刀が用いられるのだから、近いうちに首が刎ねられることを意味している。」

と本当の内容を明かしたそうです。

 

その後は諸葛亮亡き後の座を争って楊儀と対立し、

最終的に漢中で魏延は馬岱によって討ち取られることになったのは有名な話ですよね。

 

これにより魏延だけでなく、

三族に渡って魏延の一族は処刑されています。

最後にして最大の見せ場を作った馬岱

 

 

ただ趙直が魏延に対して嘘の夢占いの内容を伝えたというのは何故でしょうかね!?

 

 

考えられる点としては、単純に趙直が魏延を好きでなかった可能性、

 

他には趙直が魏延と対する勢力側(楊儀など)の人間で、

魏延に夢占いで呼ばれた際に嘘をつくように言われたなど・・・

 

まぁそのあたりの真相を突き詰めることは不可能なので、

可能性として推測するしかないわけですけど、

 

嘘の夢占いを告げられた魏延が個人的には不憫でなりませんない気がします。

 

 

もし本当に内容を教えてもらってたとしたら、

 

その後の行動も変化しており、

謀反人として殺されなかった可能性も少なからずは・・・

蒋琬の夢占い

 

諸葛亮亡き後の蜀を担った蒋琬に対しても、趙直は夢占いをやったことがありました。

 

これはまだ蒋琬が劉備に従って入蜀し、

広都県長に任じられた時の話になります。

 

この時の蒋琬は酒を飲んでは仕事をしないことも多かったようで、

たまたまこれを目にした劉備が激怒して、趙直を県長の職を罷免したことがありました。

 

この時蒋琬は処罰されそうになったのですが、

諸葛亮の取り成しもあったことで県長の職を罷免されるだけで済んだといいます。

 

 

罷免されることになった蒋琬は、その夜に夢を見ました。

 

その夢内容は「一頭の牛の頭が門前に転がっており、

その首から血が垂れ流されていた」というものでした。

 

 

この夢を見た蒋琬は、広都県長の職を罷免されたばかりということもあり、

これは非常に悪い夢なんじゃないかと大変不安に陥ったそうです。

 

気が気でなかった蒋琬は、夢占いとして有名であった趙直を呼んで、

自分が見た夢の吉凶を占ってもらったわけですね。

 

 

蒋琬の心配とは裏腹に、

趙直は蒋琬が見た夢は非常に良い夢であることを告げます。

 

 

 

そして蒋琬が何故良い夢なのかを聞くと、

『「牛の血が流れていた」というのは蒋琬殿の未来が明るい事を示しているんです。

 

 

そもそも「牛の頭」には牛の角と鼻があり、

角と鼻の形を線で引くと、「公」という漢字が浮かびあがのですが、

 

これは後に蒋琬殿が公の位まで上ることを意味していますよ。

本当にめでたい吉夢です。』と趙直は答えたのでした。

 

 

その後の蒋琬は、罷免されていたにも関わらず、

すぐに什邡県令として復帰しています。

 

劉備が漢中を曹操を破って漢中王を名乗ると、尚書郎に任じられています。

その後も順調に出世していきます。

 

諸葛亮名が亡くなった後も順調に出世し、

最終的に大将軍(軍事面での最高職)・録尚書事(行政面の最高職)・益州刺史(地方行政の最高職)を全て兼任するほど出世したのでした。

 

まさに趙直が夢占いをした通りの結果となったわけですね。

何祗の夢占い

 

最後に紹介するのは、何祗かしという人物の夢占いについてです。

 

魏延・蒋琬に比べて、「何祗って誰?」っていう人もいるかもしれませんが、

楊洪によって才能を見出され、諸葛亮にも大変高く評価された人物でした。

公明正大で、人を見る目に非常に長けていた楊洪

 

 

何祗がその高い能力を見込まれて汶山ぶんざん太守に任じられた際は、

異民族の者達の心を掴み、優れた統治を行ったりもしています

 

何祗が何祗が広漢太守へ任じられて汶山を去ると、

「何祗を再度汶山太守にしてくれ!」と反乱を起こしたほどでした。

 

 

しかし何祗を役目上、広漢太守から戻すわけにいかなかったこともあり、

代わりに「何祗の親族を太守にするから勘弁してくれ!」と異民族の説得にあたったといいます。

 

「何祗の親族が太守を務めてくれるのなら・・・」と矛を収めたそうです。

 

 

そんな何祗に対しての趙直の夢占いは次のようなものでした。

 

これは何祗がまだまだ世間に名が通っていなかった頃の話になるんですが、

 

「井戸の中から桑が生えている」

という夢を見た際に趙直に夢占いをしてもらったことがありました。

 

 

これに対して趙直は、

「桑というのはそもそも井戸から生えるようあものではありません。

だから井戸から植え替えてあげないといけないですね。

 

これは何祗殿が将来出世することを意味しています。

 

 

そしてその夢で見た桑(桒)というのは、

上に「十」と「四」があり、これは四十を意味しており、

 

はたまた四十の下には「八」漢字があり、

つまり何がいいたいかというと、何祗殿は48歳までしか生きられないでしょう」と申し訳なさそうに返したそうです。

 

 

この夢占いを聞いた趙直は、

 

「それだけの寿命が残っていれば全く持って問題ない!」

と笑って感謝の言葉を述べたと言います。

 

 

その後の何祗は、楊洪からの推薦もあって蜀で取り立てられ、

汶山太守・広漢太守・犍為太守を歴任し、趙直の占い通り48歳でこの世を去ったのでした。