荊州南部を獲得し、土台を築く

赤壁の戦いで勝利した劉備・孫権軍でしたが、

劉備は領地をもってない放浪軍でした。

 

そこで劉備は、

荊州南部の曹操勢力を駆逐していきます。

 

 

そんな劉備の行動を快く思わない人物がいました。

赤壁の戦いで、連合軍を大勝利に導いた周瑜です。

 

周瑜は荊州・益州を攻略し、

天下を二分してから天下統一を狙うという

天下二分という計略を考えていたからである。

 

そして南北を曹操と孫権で二部した暁には、

西涼の馬騰や韓遂といった勢力と同盟を結び、協力して曹操に対抗し、

最終的に孫権が全土を制圧するというものでした。

 

諸葛孔明が天下三分の計を掲げていましたが、

この時点で、その天下三分の計よりもはるかに現実的な作戦でした。

 

 

実際に赤壁の戦いで活躍したのは孫権軍です。

劉備軍はほとんど何もしていません。

 

そんな劉備が、荊州南部で勢力を伸ばしていることが、

将来的に邪魔になると考えていたのです。

 

しかしその周瑜が、

曹操との闘いの際の傷が元で、36歳の若さで亡くなってしまいます。

 

 

周瑜の跡を継いだ魯粛は周瑜と違い、劉備に好意的な人物で、

劉備との同盟関係をより強固にしたいと考えていました。

 

それにより劉備が制圧した荊州南部の一部は、

もともと孫権の領地だったのですが、ある条件とともに同時に借り受けます。

 

ある条件とは、

「他の領地を入れるまで荊州領地を貸してて下さい」というものでした。

 

曹操に対抗する為にも、

孫権・魯粛も劉備にある程度の力を持っていてもらいたいというのが本音だったからです。

両方の思惑が一致した形でした。

 

「天下三分の計」の発案者は孔明じゃなかった!?

 

そして同盟を更に強化する為に、

劉備と孫夫人(孫尚香/孫権の妹)と結婚もしています。

劉備の益州進軍

劉備は荊州南部を手に入れた事で、

次に本来の目的であった益州攻略を計画します。

 

その際に、劉備は益州攻略をする為に、

事前に劉璋(りゅうしょう)臣下を抱きかかえていました。

 

抱きかかえられていた臣下の一人である張松(ちょうしょう)は、

劉璋に対して、「劉備を招いて、我が国に侵略してくる張魯を討伐させてはどうでしょうか?」と提案します。

 

劉璋は劉備と同族で、劉備に対して警戒していなかった為、

素直にこの提案を受け入れます。

 

そして益州攻略を心に隠し、劉備は益州へ侵攻を開始します。

益州攻略戦

益州に入ると、劉璋に愛想を尽かし、

降伏するものも多くいたが、

 

劉璋に忠誠を誓う猛者も沢山いた。

また堅固な要害に守られており、苦戦を強いられることになります。

 

劉備の軍師として同行していた龐統(ほうとう)も倒れ、

思うように攻略がはかどりません。

雒城攻略戦で死亡した龐統に入れ替わり、孔明が参陣したのは本当?

馬超の帰順

蒼天航路より画像引用

 

そんな中、漢中に身をおいていた馬超(ばちょう)という豪傑が、

劉備の元に帰順したいという書簡が届く。

 

馬超の勇猛さは,劉備の耳にも聞こえており、

劉備は非情に喜んで、馬超を迎えています。

成都攻略

 

劉備が苦戦している事を知ると、

荊州を守っていた諸葛亮も益州に入ります。

 

そして援軍にかけつけていた武将の活躍もあり、

また馬超が劉備に帰順した等が重なり、

劉璋は降伏して、劉備は念願だった益州攻略を達成します。

 

これにより北の曹操、南東の孫権、南西の劉備という

三国志の時代へ突入していきます。

 

諸葛亮が描いた天下三分の計が実現した瞬間でした。

馬超という人物

馬超が帰順し、あまりに劉備が厚遇している事を聞くと、

荊州を任されていた関羽は、これに嫉妬し、

諸葛亮に馬超の強さを尋ねたという話も残っています。

 

「馬超は凄い武人だと聞くが、誰に匹敵するのか?」

と関羽が尋ねると、

 

関羽の自尊心の高さを知っていた諸葛亮は、

「張飛殿には匹敵しますが、関羽殿には及びません」と答え、

関羽の機嫌を取ったそうです。

 

とにもかくにも、これで劉備軍に

また強い豪傑がまた一人参加したことになります。