孫権の皇帝即位

諸葛亮が第2北伐で失敗した頃になりますが、

229年、孫権が皇帝を名乗ります。

呉の建国です。

 

これにより中国に3人の皇帝が存在する

三国時代へ正式に突入します。

皇帝に即位した孫権

蜀の暗雲

諸葛亮が五丈原で死去した後、諸葛亮の遺言に従って、

蜀軍は大きな被害を受けることなく、退却に成功します。

 

そして孔明の遺言に従って、

蒋琬(しょうえん)・費禕(ひい)が国を支えていきます。

楊儀と魏延の対立

諸葛亮が死んですぐに、

諸葛亮を補佐的に助けてきた楊儀(ようぎ)と

魏との戦いで活躍してきた魏延(ぎえん)の間で衝突が起こります。

 

どちらが諸葛亮亡き後の、

この蜀軍を指揮するかといったことが原因でした。

 

結果として魏延を討ち取る事で決着を見ますが、

楊儀も謀反の疑いから、後に失脚させられてしまいます。

 

そして失脚されてしまったことを恥と思った楊儀は、

その後自決しています。

公孫淵の独立国家「燕」の建国

この遼東地域は、もともと公孫度(こうそんたく)という人物が治めていた土地で、

公孫瓚一族とはまた違います。

 

曹操の時代から懐柔策を取ってきた地域ですが、

公孫度の孫にあたる公孫淵(こうそんえん)は、魏呉蜀に続く4番目の王朝「燕」を建国します。

※ちなみに公孫淵は「皇帝」ではなく、「王」になります。

 

 

中国では魏呉蜀の三国にスポットがあたり、

三国時代と一般的に言われていますが、

この瞬間4つの王朝が中国にできたことになります。

二股外交の先に、独立国を夢見た公孫淵

公孫淵の討伐

独立国家「燕」を建国した公孫淵でしたが、

それを魏が許すわけもなく、司馬懿が討伐に向かいます。

 

独立国家を夢見た公孫淵でしたが、

あっさりと蹴散らされ、その夢は潰えてしまいます。

邪馬台国の卑弥呼

邪馬台国の卑弥呼の使者が魏へ到着します。

 

この使者は難升米(なしめ)という人物で、

奴隷10人(男の奴隷4人と女の奴隷6人)と斑布(綿布)を曹叡に献上した。

 

この返礼品の一つとして、

「親魏倭王」と記載された金印が送られています。

 

この事は、魏書倭人伝(魏志倭人伝)に記載されています。

卑弥呼が「親魏倭王」の称号を頂いたのは、司馬懿のお陰!?

 

 

卑弥呼側としては、魏に後ろ盾になってもらうことで、

対立していた狗奴国(くなこく)やその他の国に対しての圧力をかける事ができ、

 

魏側としても、朝鮮半島の先にある島国と友好関係を持つ事は、

呉を牽制する意図があったのかもしれません。

「魏志倭人伝」から見た邪馬台国と卑弥呼