祖茂

祖茂(そも)は、孫堅に仕えた武将です。

三国志演義では、孫堅四天王の一人と数えられています。

祖茂以外の四天王には、程普・黄蓋・韓当が入っています。

 

祖茂は、孫堅四天王に数えられているにも関わらず、

正史に彼の記述はほとんどありません。

 

それに比べて、程普・黄蓋・韓当は、正史にも演義にも沢山登場しています。

今回の話は、そんな祖茂の数少ない記述の一つです。

華雄との激突

 

孫堅が反董卓連合に参加し、

董卓の家臣である徐栄に孫堅軍は蹴散らされます。

 

華雄は孫堅を討ち取るべく追撃をしますが、

ここで祖茂が登場するわけです。

 

 

孫堅は赤い頭巾をかぶっていましたが、

祖茂はその頭巾をかぶり、孫堅の身代わりになって逃亡します。

 

その後、徐栄軍に追い詰められそうになる祖茂ですが、

祖茂は馬から降りて、近くにあった柱に赤の頭巾を被せ、自らも脱出に成功しています。

 

ちなみに正史では徐栄から逃げ切っている祖茂ですが、

正史ではその後の出番がありません。

三国志演義

演義の方では次のように記載されています。

 

華雄の夜襲を食らって追われる孫堅の頭巾と交換し、

祖茂は孫堅の身代わりになります。

 

その後、華雄に追い詰めらた祖茂が、

柱に赤の頭巾を巻いて近場に隠れ、華雄を待ち伏せします。

 

そして華雄が、その頭巾に手をかけた瞬間に襲い掛かりますが、

逆に華雄によって討ち取られています。

 

 

演義の方で祖茂が殺された理由の一つは、

正史でのこの後の祖茂の登場がなかったため、

 

後に孫堅軍が華雄を討ち取る伏線として、

華雄に討ち取られた事にしたのかもしれませんね。

孫堅の反撃

祖茂のお陰で、無事に逃げ切れた孫堅は、

軍を立て直して、再度華雄に戦いを挑みます。

 

戦いの結果、孫堅軍は華雄を討ち取り、董卓軍を打ち破っています。

孫堅軍の勢いはこれで止まらず、洛陽入城まで果たしています。