涼茂(りょうぼう)

涼茂は、儒学への知識が豊富だった為、

その評判を聞いた曹操によって招かれます。

 

涼茂が、司空掾(しくうのえん)御御史の役職を経て、

兗州の泰山郡太守に任命されます。

 

この時の泰山郡は、沢山の盗賊・山賊がいて、

治安が非常に悪化していた時期でした。

 

しかし涼茂が、泰山郡太守として赴くと、

この状況が一変し、治安が大変よくなります。

 

その噂を聞いた者達が、

この泰山郡目指して各地より続々と集まってきます。

その数は、着任10か月で1000世帯を超えたそうです。

 

どれだけ治安が一変したか分かる話です。

涼茂と公孫度

 

涼茂はこの功績を評価され、

朝鮮半島の北部に位置する楽浪郡の太守に任命されます。

 

この地帯は中央から大変離れていた為、

朝廷の支配が、ほとんど行き届いていませんでした。

 

涼茂が楽浪郡へ向かう途中、

事件が起こります。

 

楽浪郡へ渡る為には、

遼東半島を通らないといけないのですが、

 

この地域を治めていた公孫度は、

表面上は曹操に従属している形を取っていましたが、

実質独立国のような振る舞いをしていました。

 

この公孫度が、涼茂を楽浪郡へ行かせないようにします。

そして無理やり、自分に仕えるように脅され、

仕方なく公孫度の客将としてとどまる事になります。

公孫度の反乱を踏みとどまらせた涼茂

ある時、曹操が鄴から遠征に出ている事を知ると、

 

「今私が、歩兵3万・騎兵1万を率いて攻め込めば、

誰も防げるやつはいないだろう」

と言って、曹操に反逆しようとします。

 

公孫度の家臣も、公孫度の機嫌を取り、

それに賛成します。

 

 

しかし涼茂だけは、

毅然とした態度で公孫度へ意見を述べます。

 

「天下が乱れ、民衆が苦しんでいた時、

貴方は静観しているだけでした。

 

しかし曹操様は、国家の危機に全力で立ち向かい、

献帝を迎えて、各地の敵を討伐してきました。

 

戦う前から、貴方の敗北は見えています。

そもそも曹操様と貴方を比べるまでもないでしょう。

 

まぁどうしても反乱を起こすというなら、

別に止めようとも思いません。頑張って下さい」と・・・。

 

 

これを聞いた公孫度は、

「確かにお前の言う事はもっともな事だ。

反逆するのはやっぱりやめておこう」

と踏みとどまっています。

 

もしこ公孫度が反乱を起こしていれば、

間違いなく曹操に滅ぼされていたでしょうね。

 

「井の中の蛙」という諺がありますが、

まさにこの時の公孫度の為に作られた言葉と言っても過言ではないです。

涼茂と公孫度の話の矛盾

上で話したやり取りは、

きちんと正史に記載されている事なのですが、

明らかに時代の矛盾があるんです。

 

まず公孫度がこの世を去ったのが、

204年になります。

 

それと同じ年に、曹操が袁家から鄴を奪っており、

曹操がその後に遠征したのは、柳城に遠征したのみで、

その遠征時には、既に公孫度は死去しています。

 

この事から考えられるのは、

曹操は鄴にいたけど、デマ情報にのって、

公孫度が反乱を企てたという可能性はあります。

 

他には、跡を継いだのが公孫康(こうそんこう)ですが、

その時の話だったかもしれません。

 

今のようにインターネットが普及している時代ではないからこそ、

今ほど正確かつ迅速に情報を得られるわけではないので、

記載された情報に多少のズレが発生していたのかもしれません。

その後の涼茂

その後の涼茂は、

朝廷に呼び出されて、魏郡太守・甘陵国の相・長子・左軍師を転任し、

きっちりと結果を残していっています。

 

また曹丕が魏を建国すると、

尚書僕射(しょうしゃぼくい)に昇級し、

その後は中尉・奉常を兼任し、在職中にこの世を去っています。