袁紹&袁譚時代の辛毗

辛毗(しんぴ)は最初、

兄の辛評(しんぴょう)と共に袁紹に仕官しています。

 

袁紹が官渡の戦いで曹操に敗れ、その後袁紹がこの世を去ると、

辛評・辛毗は、袁紹の長男であった袁譚に仕えます。

 

しかし袁譚と袁尚の間で後継者争いが勃発すると、

父の仇でもあった曹操と同盟を組むことに決意し、その使者として辛毗が派遣されます。

 

曹操は荊州の劉表を滅ぼそうとしていたのでこの提案を喜んだものの、

曹操が心変わりをし、袁譚と袁尚が共倒れしてくれた方が都合が良いと考えます。

 

しかしそのまま引くわけにもいかない辛毗は、

郭嘉の協力を仰いだりしながら、なんとか袁譚と曹操の間で同盟締結に成功します。

 

ただ辛毗自身は、

後継者争いで弱体化していた袁家に愛想を尽かしており、

曹操にこの騒動につけ込んで袁家を滅ぼすべきだといったそうです。

 

これで曹操は袁譚ととりあえず同盟を結ぶことに成功したというのが

ことの真相ですね。

 

 

そして曹操・袁譚連合軍は、

袁紹の本拠地であった鄴(ぎょう)の攻略へ乗り出します。

 

その時、鄴を守っていた審配(しんぱい)は辛評・辛毗を裏切り者として、

辛評の家族を皆殺しにしてしまいます。

 

鄴が陥落すると、審配は捕らえられ、

兄の家族が殺された事で恨みを抱いていた辛毗の願いもあり、処刑されています。

 

袁尚討伐の後は、袁譚らを滅ぼし、

曹操が冀州を治めることになっていきます。

曹操&曹丕時代の辛毗

辛毗が曹操に降ってから、

曹操の子である曹丕は非常に仲が良くなります。

 

曹丕が太子に任命された時は、

曹丕は嬉しさのあまりに辛毗に抱きついたそうです。

 

 

曹操がこの世を去り、

曹丕が跡を継ぎ、漢王朝を滅ぼして魏王朝を作りますが、

ある時、曹丕は冀州の10万の民を河南に移住させることを計画した事がありました。

 

しかし丁度その時、イナゴによる飢饉が起きていた為、

多くの家臣達が反対していました。

 

しかし曹丕も反対の意見が多い事が分かった為、不機嫌にしており、

それ以上曹丕に進言する事ができずにいました。

 

そんな中、辛毗は遠慮なく、

「今は時期的に良くないから止めるべきだ」と何度も何度も曹丕に忠告しています。

 

曹丕は、辛毗があまりにしつこいので、

「お前と話すことはない、お前は厳しすぎる」と言いますが、

辛毗はそれでも忠告を止めなかったそうです。

 

結局辛毗の意見も一部取り入れ、半数の5万人の民のみ移動させたようです。

 

 

また曹丕が狩りを楽しく思いよく出かけていたことがありました。

その時も「狩りを楽しいと思ってるのは曹丕様だけで、家臣達は大変なだけですよ」と忠告します。

 

そう言われた曹丕は、

その後狩猟に出かける事がめっぽう減ったそうです。

 

 

また曹丕が呉へ攻め込もうとした際も、

「まだ呉を討伐するのは早すぎます。今は国力の充実に励むべきです」と諫めています。

 

これを聞いた曹丕は、「子孫の為に、敵を残しておくのか」と反論して出兵しますが、

結局辛毗の言葉が頭を過り、戦いを取りやめています。

曹叡時代の辛毗

曹丕がこの世を去り、曹叡の時代になると、

曹叡の信頼のあった劉放・孫資が力を持つようになります。

 

周りが曹叡から信頼が厚かった二人に取り入ろうとするものが多い中、

辛毗は取り入ることをしませんでした。

 

 

また曹叡が造営を盛んに行いはじめると、

辛毗はいつも通りに諫めますが、聞く耳をもたれなかったそうです。

 

また諸葛亮との戦いで張郃が討たれると、

曹叡は非常に悲しんだそうですが、他の家臣を不安にさせるので、

弱気になるべきでないと諫めています。

五丈原に鉞(まさかり)引っ提げて・・・

234年に諸葛亮が五丈原に侵攻してくると、

司馬懿が持久戦の構えで諸葛亮と対峙しますが、

 

将兵の出撃を求める声が後を絶たず、

司馬懿自身も制御ができなくなってきたので、

 

それを見かねた曹叡は、

辛毗に命じて出撃しないように使者として遣わしています。

 

 

諸葛亮が司馬懿軍が挑発に乗って出撃してこないことを不思議に思い、

間者を忍び込ませたところ、「鉞(まさかり)を手にした老人が、

兵士の前に立ちはだかって出陣させないようにしている」と報告を受けます。

 

諸葛亮はそれを聞いて「辛毗殿か・・・」と嘆いて、

司馬懿を誘い出すことが無理だと悟ります。

 

諸葛亮はそのまま陣中で没し、蜀軍は退却することになります。

その後、辛毗は都に戻り、ほどなくして死去しています。

陳寿の評価

三国志正史の著者である陳寿からは、

「剛直公正で自身の利害で動く事はなく、高貴な風格をまとっている人物だ」

と評価されています。