甄氏(しんし)は、色々な呼び名が今ではされていますが、

ここでは甄姫(しんき)として記載します。

 

ちなみに、甄姫は「傾国の美女」と言われていますが、

この意味は、国を揺るがす(傾かせる)ほどの美女ということです。

 

美女によって国が傾いた例は多く、

それほどの美貌を兼ね備えていたのが甄姫でした。

甄氏(甄皇后/甄姫/しんし)

 

甄姫は冀州中山郡で、甄逸(しんいつ)の子としてこの世に生を受け、

裕福な家であった為、不自由ない幼少期を過ごします。

 

甄姫は幼い頃から賢い女の子でした。そんな甄姫は名門であった袁家の目に止まり、

袁紹の子であった袁煕(えんき)に嫁ぎます。

 

袁家は三公を多く輩出した名門で、

甄姫は名家の御曹司に嫁げて、幸せの絶頂だったかもしれませんね。

袁紹・袁術の一族である袁家って本当に名門なの?

 

しかし、曹操と袁紹の対立が激しくなり、

官渡の戦いで袁紹が敗れると袁家に陰りが出てきます。

 

そして202年に袁紹が亡くなってしまい、後継者争いが激化します。

 

曹操はそれを好機ととらえ、袁家を滅ぼすべく攻め込んできます。

そして甄姫が滞在していた鄴城が曹操によって204年に陥落してしまいます。

 

ここで甄姫に悲劇が襲います。

曹操の息子であった曹丕が甄姫のもとに参り、強制的に自分の妻にしてしまいます。

曹操の嫉妬

曹丕が真っ先に甄姫の元に向かったのは理由があり、

曹操も絶世の美女と噂だった甄姫を狙っていたからです。

 

曹丕は、父である曹操に単純に渡したくなかったわけですね。

これによって甄姫は袁煕の妻でありながら、曹丕に奪われたのでした。

 

心の底では「この野郎!」と思ったかもしれませんが、

親として表向き、甄姫との結婚を許しています。

蒼天航路(17巻208P・209P・210P)より画像引用

 

 

曹操も秦宜禄(しんぎろく)の妻であった杜氏を妻に娶っている前例もあり、

「さすが血の繋がった親子だなぁ」と・・・

 

鄴を攻め落とした曹操、良い所(甄姫)だけを取った曹丕、

この点だけを見ても曹丕の性格があらわれてますね。

関羽と曹操に愛された女性、杜氏(とし)とは? 〜関羽から横取りして杜氏を奪った曹操〜

曹丕から寵愛を受ける

曹丕に嫁いだ甄姫ですが、

曹丕との間に二代皇帝になる曹叡と東郷公主(女の子)を産んでいます。

 

 

この時の甄姫は、強制的に妻にされたのかもしれませんが、

 

共に過ごすうちに曹丕を愛していくことを決め、

曹家の世で新たに幸せを掴もうとしたんじゃないかと思います。

蒼天航路(17巻195P)より画像引用

甄姫の悲劇

曹丕から寵愛を受け、曹叡と東郷公主を産み、

甄姫も幸せを感じ始めていましたが、その幸せも長くは続きませんでした。

 

曹丕は洛陽に遷都することにしますが、その時には甄姫への愛情も冷めており、

甄姫だけを鄴に残したまま、他の妻を連れて洛陽へ行ってしまいます。

 

 

この時、曹丕の寵愛を受けていたのは郭氏でした。

甄姫と違って両親が亡くなった事で家が没落し、召使いをしていた過去もあり、

身分的に低い立場でした。

 

しかし曹丕はこの郭氏を寵愛するようになります。

 

また曹丕によって滅ぼされた後漢最後の皇帝であった献帝の二人の娘が新たに曹丕に嫁ぎます。

そして甄姫への愛情は更に薄れてしまいます。

 

甄姫はこの事実に嘆き、愚痴をいってしまいます。

それを耳にした曹丕は甄姫に死を命じ、無理やり殺してしまいます。

甄氏を死に追い込み、曹丕の寵愛を一身に受けた郭氏郭氏(郭皇后/郭女王/文徳皇后/かくし)

「漢晋春秋」の甄姫死後の記述

甄姫が死んで後、曹丕は甄姫の遺体を確認すると、

甄姫のきちんと結われていた髪をぐしゃぐしゃにして、

口のなかに糠(ぬか)を詰め込み、棺桶にも入れずに葬ったともいわれています。

 

さすがに曹丕でも、

「そこまではしないんじゃないか!」なんて事も言われたりしますが、

曹丕の性格上やっててもなんら不思議じゃないのが怖い所です。

曹操と曹丕の妻に対する愛情の違い

曹操は13人の妻を娶っていますが、全ての妻を大事にしています。

 

元夫との間にできた子がいれば、

その子も自分の子のように大事に育てたほどです。

 

杜氏(杜夫人/とし)の連れ子であった秦朗や尹氏(尹夫人/いんし)の何晏がその例で、

曹操は、実の子と同様に育て上げました。

曹操の正室になった三人の女性(劉夫人・丁夫人・卞夫人)

 

 

曹丕も多くの妻を娶っていますが、

曹操と大きく違ったのは、興味が亡くなった妻に対する容赦なさです。

 

これは妻だけでなく、

曹丕に仕える者に対する仕打ちも似たようなところがありますけど、

これが曹丕の本質なのでしょう。

曹丕に絹を貸さず、殺されかけてしまった曹洪

 

 

もし鄴が陥落したあの日、曹丕ではなく、

甄姫が曹操の妻になっていたならば、幸せな一生を送れたかもしれませんね。

 

そんな不幸な最後を迎えた甄姫が、あの世で唯一救われたは、

曹叡が二代皇帝になり、曹叡が母であった甄姫の名誉を回復させようと動いてくれた事でしょう。

 

それにより、甄姫は「皇后」の位を贈られています。

甄氏(甄姫)の名前の由来&曹植の抱いた恋心

蒼天航路(18巻32P・33P)より画像引用

 

曹植が残した作品に「感甄賦」というのがあります。

 

これは曹植がある女性に恋心を抱いた物語で、

ここに出てくる女性のモデルが甄姫であると言われています。

 

二人は現実の世界では一緒になれませんでしたが、

夢の中で両想いになるみたいな話です。

 

これは曹植の書いた物語ですが、

曹植が14歳の時、10歳以上離れた甄姫に淡い恋心を持ったそうです。

蒼天航路(18巻31P)より画像引用

 

 

この「感甄賦」は、

曹叡によって後に「洛神賦」に名前が変えられています。

 

もともと甄姫は三男五女の末っ子でしたが、彼女だけ何故か名前が伝わっていません。

  • 甄豫(兄/しんどう)
  • 甄儼(兄/しんげん)
  • 甄堯(兄/しんぎょう)
  • 甄姜(姉/しんきょう)
  • 甄脱(姉/しんきょうorしんだつ)
  • 甄道(姉/しんどう)
  • 甄栄(姉/しんえい)

 

甄氏(甄姫)の名前は、この曹植の書いた「洛神賦」を参考にし、

甄宓や甄洛として今に伝わっています。

 

他の全員は名前が残ってるのに、

袁煕の妻になり、曹丕の妻になった甄姫だけが残ってないのは本当に意味不明です。

何か歴史から抹消しなければいけない理由でもあったんでしょうかね。