郭氏は曹丕から寵愛を受けた女性で、

家が没落していた為、召使いをするまでに落ちぶれており、身分の低い女性でした。

 

それが曹丕の目に止まり、甄氏から郭氏に寵愛が移っていき、

最終的に皇后まで昇りつめています。

 

曹丕の跡を継いだ曹叡も

父と同じく別の郭氏(郭皇后/明元皇后)を寵愛していたので、

違う女性であることが分かるように、郭氏(文徳皇后)と付け加えています。

曹叡の寵愛を受け、司馬一族にも物怖じしなかった郭氏(郭皇后/明元皇后/かくし)

 

この時の女性の名前はきちんと伝わってない事が大半で、

少しややこしいですよね。「なになに氏」みたいな人ばかりですし。

郭氏(文徳皇后/かくし)

 

後漢の南郡太守を務めた郭永(かくえい)の子として、

郭氏はこの世に生を受けます。

 

また郭氏が生まれた時、「この子は私の中での女王だ!」

と郭永は親馬鹿ぶりを披露し、郭氏の字を「女王」と名付けています。

 

郭氏はきちんとその時の字(あざな)が、

今でも伝わっているんですよね。

 

女王なんて名前だから皇后や夫人みたいにつけられた名前のように見えますけど、

きちんとした字(あざな)です。

 

 

例えば劉備なら玄徳が字でしたし、曹操ならば孟徳が字でした。

 

基本的に字(あざな)は本当に親しい人以外の者が呼ぶと失礼にあたる呼び名でしたし、

普段この名前で呼ぶのは両親とか限られている者だけでした。

 

馬超が劉備の事を「玄徳!」と呼んで、

関羽と張飛が激怒して殺しかけたって話もあるぐらいですし。

 

郭氏は幼い頃から利発な子で、両親から寵愛を受けて育ちます。

 

しかし両親が亡くなってしまった事で家が没落してしまいます。

これによって郭氏は召使いをするまでになったそうです。

 

 

30歳の時に曹操の目に止まったことがきっかけとなり、

曹丕・甄氏の身の周りを世話を任されます。侍女の役目ですね。

 

曹操の目に止まったのに、

曹操が手を出さなかったのは少し不思議な気もしますが、

まぁそのあたりはスルーして進みます。

 

そこから曹丕の寵愛を受けた事で、側室となるんですから、

まさに玉の輿夫人と言ってもいいほどです。

 

 

そしてこの後、絶世の美女であった甄氏を差し置いて、

曹丕の寵愛を受けるわけなので、よほど魅力があった女性だったんでしょう。

 

曹丕に最初出会った時には、

もう既に30歳は超えていたわけですから。

 

そんな郭氏ですが、曹丕が曹操の跡を継いで魏王になると郭夫人とになり、

曹丕が魏を建国し皇帝になると、最終的に皇后まで昇りつめています。

皆が反対した郭夫人の皇后就任

 

上でも書きましたが、郭氏は家が没落しており、

低い身分の女性だった郭氏を皇后に立てる事に対して反対する者が続出したそうです。

 

しかしそんな言葉に耳を傾ける気もない曹丕は、

おかまいなしに寵愛していた郭氏を皇后に立てます。

 

そして郭皇后となるわけですが、

自分のことを教訓にし、親しいものには次のように言ったといいます。

「結婚する時は、同郷の者同士で、家柄が釣り合う者同士にすべきである」

 

これは曹丕に嫁いで身分の差によって苦労した郭氏だからこそ、

その大事さを身に染みて分かったのでしょうね。

 

 

そんな頂点まで昇りつめた郭氏ですが、

曹丕が死んでしまい、甄氏の子であった曹叡が跡を継ぐと、

「皇太后」の称号が与えられています。

 

そして郭氏は、曹丕がなくなってから約9年後の235年になくなり、

文徳皇后という諡(贈り名)が与えられています。

甄氏を死に追い込んだ裏ボス

曹丕・甄氏の身の回りを世話する役目を任された郭氏でしたが、

曹丕と甄氏の間に亀裂が入ると、曹丕の寵愛を受けたいと思ったのでしょう。

 

ここにつけこみ、甄氏のあることないことを曹丕に吹き込んで、

最終的にそれを信じた曹丕によって甄氏は死に追いやられてしまいます。

傾国の美女、甄氏(甄皇后/甄姫/しんし) 〜曹操・曹丕・曹植を虜にした美貌〜

 

その後の郭氏は、

曹丕の寵愛を受け続ける事になるわけですが、

 

郭氏によって唯一の不幸だったのが、

寵愛を受けた時期が遅かったこともあり、子供を授かる事ができませんでした。

 

もし男の子を授かっていたならば、

甄氏の子であった曹叡が跡を継ぐこともなかったでしょうね。

 

 

その為に曹叡を自分の養子とした形でした。

かつて自分が死に追いやった甄氏の子を・・・

甄氏(甄姫)の子である曹叡の出生に隠された秘密 ~父親は曹丕、それとも袁煕?〜

 

郭氏が甄氏を死に追いやったとして、

陳寿の書いた三国志正史にも、「甄氏が死んだのは郭氏のせいである」と書かれています。

「天子は親を慕う」と刻まれた玉璽

曹丕の跡を継いだ曹叡ですが、実母の甄氏の名誉を回復していた時、

都の洛陽で「天子は親を慕う」と書かれた玉璽が見つかった事がありました。

 

この話を聞いた曹叡は、

自分は今現在皇帝であり天子の身分であったこともあり、

「私が産みの親である甄氏を思う心は、天にも昇るほどである」と解釈したそうです。

 

この話を聞いた郭氏は(郭皇后)は、

「育ての親である亡き曹丕や自分の事をもっと思いやるべきである」

という解釈が普通じゃないのかなと言ったとか・・・

 

 

まぁどちらの解釈も間違ってはないかなと思いますが、

郭氏の解釈は本人が言った言葉だから嫌味が混じってる感じは受けますね。

 

ただ当時の世の中では儒学的思考が染みついていたこともあり、

親ヘの「孝」の精神は重要視されていました。

 

極端に言えば、虐待をする母であっても母は母である。

どんな仕打ちを受けていたとしても、「孝」を尽くすことが美しいとされていた時代です。

 

この考えは実母であっても育ての親であってもかわりません。

 

 

だからこそ曹叡が実母である甄氏を思った気持ち、

郭氏が曹叡の義理の母という事から曹叡に望んだ気持ち、

どちらも儒学の思想からは当たり前の感情ではあったんでしょうね。

郭氏の逸話

 

甄氏を死に追いやったことで、

自分の野望の為に他の者を平気で貶めるといったイメージもありますが、

そんな人物には到底見えない逸話がいくつも残っています。

 

頂点に昇りつめるまでは甄氏を貶めたけども、

頂点に昇りつめてから、また見える景色が変わったのかもしれませんね。

聡明で皇后の名に恥じない姿

曹操が戦の為に出かけた際に、

洛陽が長雨にさらされてしまう事がありました。

 

その際、長雨のせいで楼閣や城壁が崩れたため、

郭氏が危険に晒されないように周りの者達が避難するように言います。

 

 

しかし、郭氏は、

「今の私は、夫である曹丕から留守を預かっている身です。

実際楼閣や城壁が崩れたといってもそれほど酷い被害でもないでしょ!?

 

だから私はどこにも避難する気はありません。」

といったそうです。

 

また曹丕が誰かを一方的に処罰しようとした際も、

郭氏が話をきちんと聞いてあげ、うまく取り計らってくれることも多かったようです。

その為、後宮内での信望も非常に厚かったようです。

卞夫人(べんふじん)に脅された郭氏

曹丕が曹洪に対して、絹を100匹(=200反)ほど、

貸してほしいと言ったことがありました。

 

曹洪はこの願いを断り、

曹丕は断られた事をいつまでも根にもっていました。

 

 

曹洪は曹操の従兄(血の繋がりはない)であり、曹操を生涯支えた忠臣でした。

 

ある時、曹洪ではなく、曹洪の食客が罪を犯してしまう事件が起こります。

これを耳にした曹丕は恨みを晴らすチャンスが来たと思って、連座で曹洪を処刑しようとします。

 

曹丕にとっては、曹洪がこれまでどれだけ功績がある臣下であろうと、

この機に処刑してしまう気持ちしかありませんでした。

 

その為、臣下の誰がこれを諫めても、曹丕は聞く耳持たずの有様。

曹丕に絹を貸さず、殺されかけてしまった曹洪

卞夫人、曹洪を助ける

 

この時に動いたのが曹丕の母であった卞夫人でした。

 

卞夫人は考え、曹丕の寵愛を受けていた郭氏に対して、

「もし曹洪が連座の罪で処刑される事にでもなれば、

私が曹丕に言って、貴方から皇后の位を奪わせますよ」と脅しをかけます。

 

曹丕の母である卞夫人からそう言われた郭皇后は、

あわてふためいたことでしょう。

 

せっかく底辺から頂点まで昇りつめたのに、

「そこから引きずり落としますよ」って言われたわけですからね。

 

 

郭皇后は、曹洪の命以上に、自分の事だけを考えた事でしょう。

曹丕に何度も泣きつき、曹洪の助命をしたそうです。

 

その甲斐あって、曹洪はなんとか命だけは奪われずに済みました。

 

まさに卞夫人の聡明さが伺える話で、

さすが曹操の正室だと言わざるを得ないです。

曹操の正室になった三人の女性(劉夫人・丁夫人・卞夫人)

最後に

 

まぁ良い女性という見方から悪い女性という見方まで

色々な噂のあった郭氏ですけど、

 

苦労を味わい、30歳を超えていたからこそ、

曹丕の寵愛を受けて、上に昇りつめたいという気持ちが沸いたりもあったでしょう。

その為に手段を選んでいる暇はなかったのかもしれませんね。

 

甄氏の事に関しても、既に曹丕の愛情が薄れていた時でしたし、

最終的に甄氏への死を命じたのは曹丕ですし。

 

 

ただ郭氏は、曹丕を立派に支えた妻であったことも忘れてはいけません。

生き残っていく為に、女の戦いがここにはあったのでしょう。