劉備が法正に後押しされる形で漢中へ侵攻し、

定軍山で夏侯淵を討ち取った事は誰もが知る所ですが、

 

この時、曹操は予定していたより

夏侯淵への本隊の援軍が大幅に遅れてしまいました。

 

その裏側には、

吉本の乱・侯音の乱が関係していたとも・・・

劉備の漢中侵攻

劉備は217年、曹操不在の漢中へ侵攻を開始します。

 

この時劉備の背中を押したのが法正で、

劉備から絶大な信頼を置かれていた人物でした。

 

その法正が、

「現在漢中を任されている夏侯淵と張郃ならば十分勝機があります」

といって劉備をたきつけたのです。

北伐を成功に導けたかもしれない天才戦略家、法正(ほうせい) 〜もう少しだけ長生きしてくれればと思わずにはいられない人物〜

 

実際、この時漢中を守っていたのは夏侯淵・張郃だけでなく、

徐晃・郭淮も守備を任されていました。

 

法正がチャンスというものの、

曹操もまた信頼できる者に守備を任せていたのも事実です。

 

夏侯淵はいわずもがな、

張郃・徐晃は歴戦の猛者で五大将軍に数えられている者達、

そして郭淮も頭角を現してきた者であり、

 

この四人ならば漢中を守ってくれると思っていたのでしょう。

 

ちなみにですけど、ちょうど劉備と夏侯淵らが激突した頃、

郭淮は病気になって戦線から離脱しています。

「長駆」の産みの親は、徐晃!!

生涯をかけて蜀と羌族と戦い続けた郭淮

 

しかしそれを上回ったのが法正の臨機応変の戦略であり、

 

馬超・張飛らが武都郡下弁を占領すると、

夏侯淵らは次第に劣勢に追い込まれていきました。

 

この時曹操は、鄴に滞在しており、

夏侯淵らの救援に向かう為に、大軍をひきいて出陣しようとしていました。

 

まず曹操は、曹洪・曹休・曹真らに5万の主力を援軍として送っています。

それが217年12月あたりでした。

諸葛亮の侵攻を防ぎ切った魏の名将、曹真

曹操に「我が家の千里の駒」と高く評価された曹休

吉本の乱

蒼天航路(32巻44P)より画像引用

 

218年の正月に、吉本きちほんは、息子の吉邈・吉穆と共に、

金禕・韋晃・耿紀と組んで許昌で反乱を起こしました。

 

許昌を曹操から任されていたのは王必おうひつで、苦戦を強いられてしまいます。

 

しかし仲が良かった金禕らが首謀者であったことが偶然にも分かると、

典農中郎将の厳匡げんきょうらと協力してこの反乱の鎮圧に成功。

 

ただこの反乱が小さなもので

すぐに鎮圧されてしまった事で実際にあまり影響はなかったかもしれません。

侯音の反乱

蒼天航路(34巻204P)より画像引用

 

ただ2018年10月に起きた侯音こうおんの反乱は、

間違いなく漢中へ及ぼした影響ははかりしれないものでした。

 

 

漢中の戦いは、開始からもう1年近く立っており、

曹洪・曹休らによって張飛・馬超に奪われていた下弁を奪い返しはしたものの

 

夏侯淵らの劣勢はかわらずに続いていました。

 

曹操も更に援軍を送る必要があったのは、

勿論本人も気づいていたのは言うまでもありません。

 

実際曹操は、218年9月には大軍を率いて長安まで来ていました。

 

ここで一旦兵士に休養を与えていたんですけど、

218年10月、南陽郡の宛城で侯音が反乱を起こします。

 

そしてこの侯音の反乱は南陽郡の多くの県を味方につけ、

南陽郡を任されていた東里袞ことうりこんも侯音の追手らに追われる始末でした。

立て続けに三度の捕虜経験を持つ東里袞(とうりこん)

 

そしてなにより問題だったのが、侯音が荊州の関羽と通じていることは、

曹操からしてみても安易に想像ができたわけです。

 

もしここで関羽が樊城を制圧して進軍すれば、

都であった許昌すら危険に晒されてしまう事態でした。

 

かといって漢中の今の状況も見捨てられない。

曹操はそんな葛藤の中にいました。

 

 

その為、曹操は長安から動くに動けず、

南陽郡と漢中の両方ににらみをきかせながら、長安に滞在を余儀なくされます。

 

しかし関羽が侯音に同調せず、曹仁の活躍もあり、

侯音の反乱は4か月後の219年1月に鎮圧されてしまいます。

 

 

 

曹操は、南陽郡の反乱が収まった事で、曹操は遂に動ける状態になります。

そして曹操は、急ぎ漢中へと軍を進めます。

 

しかしそのタイミングで、

夏侯淵は黄忠軍によって討ち取られてしまったのです。

 

 

実際、守りに徹しきれなかった夏侯淵にも大きな問題はありますし、

自ら少数を率いて逆茂木の修繕に向かわなければ、討たれる事もなかったでしょうね。

 

まぁ夏侯淵自身が逆茂木の修繕に向かったという、

劉備や法正からしたら嬉しい誤算もあり、夏侯淵は討ち取られたわけです。

侯音の反乱が起きていなければ・・・

ただ侯音が反乱を起こしていなければ、

間違いなく、曹操率いる大群が漢中へ既に到着していたでしょうし、

 

夏侯淵は討ち取られる事もなく、

曹操が定軍山など含め要所要所の地を固めたでしょう。

 

 

実際に定軍山を完全に奪われてしまったことで、

 

曹操の援軍が到着してからも劉備らは守りに徹したので、

曹操は退却を余儀なくされていますから。

 

 

そう考えると、もし曹操が長安で足止めを食らわなければ、

劉備らは漢中を奪う事自体失敗に終わったかもしれませんね。

 

そういう意味でも侯音の反乱が貰らした影響はかなり大きかったと思います。

吉本の乱は、あまり意味がなかった気もしますけど・・・

 

 

もし関羽が侯音と連携して攻めていれば、

中原の様子は大きく変わった可能性は十分にあったと思います。

 

まぁ実際はそうはなりませんでした。

 

ただ侯音が起こした反乱のお陰で、曹操の援軍が遅れ、

劉備の漢中攻略できる可能性を上げたのは間違いないと思います。