虎豹騎(こひょうき)以前

虎豹騎とは、

曹操軍の中の精鋭騎兵部隊のことをいいます。

 

この虎豹騎が作られたのは、

袁紹と激突した官渡の闘いが終わって後です。

 

虎豹騎が作られるまでは、

曹操軍の騎兵部隊を指揮していたのは曹仁です。

 

例えば陶謙討伐であったり、官渡の戦いであったり、

曹仁が率いた騎兵部隊が活躍しています。

曹仁なくして曹操なし

虎豹騎

虎豹騎という部隊が作られると、

曹休・曹真が曹操から任されて指揮を取ったそうです。

しかし際立って活躍もしていません。

 

その後、曹仁の弟にあたる曹純(そうじゅん)が、

虎豹騎の指揮を任されます。

 

 

曹純が虎豹騎を任されると、

曹純は非常に部下を可愛がります。

そんな曹純に心を許した部下は、曹純を信頼します。

 

曹純に率いられた虎豹騎は、

全盛期を迎え、大活躍をすることになります。

虎豹騎の実績

 

官渡の戦い後、袁紹もこの世を去り、

袁紹の跡を継いでいた袁紹遺児達との闘いが始まります。

 

205年、袁譚が立て籠もる南皮を曹操軍が包囲し、

最終的に曹純率いる虎豹騎が、袁譚を討ち取る活躍を見せています。

 

この時、曹純が部下に的確な指示を出したと言われており、

虎豹騎の力が存分に発揮された瞬間でした。

 

 

207年には、北方で力を持っていた異民族の鳥丸討伐戦でも、

鳥丸王である蹋頓(とうとん)を生け捕っています。(白狼山の戦い)

 

翌年の208年には、曹操が南方制圧を開始し、

曹純が虎豹騎を率いて、劉備を長坂で打ち破っています。

 

そして逃げ惑う劉備軍の中から、

劉備の二人の娘を捕らえています。

 

また劉備は豊かな土地であった江陵に向かっていましたが、

曹純率いる虎豹騎が先に江陵に到着し、占領しています。

 

211年、馬超・韓遂軍との間で起きた潼関の戦いでは、

曹操は虎豹騎に出陣命令を出しています。

 

虎豹騎の働きは大きく、馬超・韓遂軍を打ち破り、

馬超・韓遂軍の武将である成宜(せいぎ)・李堪(りかん)を討ち取っています。

 

このように虎豹騎の活躍が沢山見られ、

曹操の勢力拡大に大きく貢献したのです。

曹純の死

曹純がこの世を去ると、

曹操は次に指揮するものを誰にするか悩みます。

 

悩んでいた曹操ですが、

「曹純ほどに虎豹騎を使いこなせる者が、今後現れる事はないだろう」

と曹操は結論づけ、曹操自身の直轄軍にしています。

曹操の精鋭歩兵部隊「虎士(こし)」