群雄割拠時代の到来

反董卓連合が崩壊したのち、

連合に参加した諸侯は、各々の領地に帰り、

力を蓄える事に力を注いでいきます。

 

また董卓同様、天下掌握を狙う諸侯も増えてきます。

その中で一番力をつけてきたのが曹操でした。

その中で、反董卓連合の盟主をつとめた袁紹と対立していきます。

青州兵(曹操軍精鋭)誕生の秘話

曹操と袁紹の対立

かつては親友同士だった曹操と袁紹ですが、

董卓が長安遷都を行った際に大きな亀裂が生まれます。

 

董卓追撃を進言した曹操に対して、

盟主である袁紹はそれを拒否しました。

 

どうしようもなく、

曹操は自分の手勢のみで追撃しますが、

董卓の罠にはまり、惨敗してしまいます。

荀彧の登場

もともと荀彧は袁紹に仕えましたが、

袁紹に愛想を尽かし、曹操の元へ馳せ参じます。

 

それに対し曹操は、

「わが子房である」と言って、荀彧を迎えたのである。

 

子房とは、劉邦に仕えていた張良(子房)の事であり、

張良を得た事で、劉邦が天下統一できた事になぞらえて、

曹操は上のような言葉を荀彧に投げかけています。

 

 

荀彧を曹操が迎えた事により、

多くの優秀な人材が曹操の元に参加します。

また荀彧自身も多くの人材を曹操に推挙します。

 

荀彧は、大義名分として、

後漢王朝を守る事を提案し、曹操は素直に受け入れます。

 

そうやって曹操は、大義名分を獲得し、

人材にも恵まれていき、飛躍していくのです。