曹洪(子廉)

 

曹洪は、曹操の従兄にあたり、

曹操が挙兵した時から曹操を手助けしていた重臣の一人です。

 

 

曹操が董卓を追撃して,

董卓家臣の徐栄に返り討ちにあった時、

 

「天下に私がいてもいなくても問題ないですが、

曹操という人間がいないことがあってはならない!!」

と言って、馬を失った曹操に曹洪の馬を譲ります。

 

その後曹洪は徒歩のまま、

曹操とともになんとか逃げ切っています。

曹丕と曹洪

ある時、曹操の息子であった曹丕から、

曹洪に対して、絹を100匹(=200反)貸してほしいと言います。

※1匹=2反=23メートル

 

しかし曹洪は、これを拒みます。

拒まれた曹丕は、これを根に持ちます。

 

 

その後、曹操がこの世を去り、

曹丕が曹操の跡を継いだ時に恨みが爆発します。

 

そしてその機会を伺っていた時、

曹洪の食客が罪を犯してしまいます。

これを利用して、連座で曹洪を殺そうとします。

 

 

勿論曹洪の数々の功績を考え、

周りの家臣達によって反対されます。

しかし、曹丕は聞く耳を持ちません。

 

また同族である曹真からも反対されますが、

それでも曹丕は聞く耳を持ちません。

どれだけ曹丕が根に持っていたか分かる話です。

 

 

最終的に、曹丕の母(卞太后)が、

「もし子廉(曹洪)がいなかったら、今の曹家はなかった」

ということを告げると、曹洪は死罪を免れます。

 

しかし曹洪が与えらていた領地や驃騎将軍の位を没収されます。

 

 

死罪は免れたものの、曹洪へのこの処遇を聞いた人達は、

ありえない処罰だったと感じたそうです。

その後の曹洪

 

曹丕がこの世を去り、

息子の曹叡が跡を継ぎますが、

 

曹洪は再度領地を与えられ、

再度驃騎将軍に任命されています。

 

 

この点から見ても、彼の過去の功績を全て無視して、

曹丕がいかに理不尽な処罰を与えていたという事が分かりますね。

 

人の恨みは怖いものです。

ましてや皇帝に恨まれたらと考えると・・・。