于禁(うきん)

于禁は兗州泰山郡の生まれで、

同郷の鮑信が兵を募集していた時に参加しています。

 

ただこの時期、凄く大変な危機に兗州が見舞われそうな時で、

少しして青州黄巾賊が兗州へ攻め込んできます。

 

この青州の黄巾賊は100万規模という恐ろしい数でした。

実際の兵士数は30万人程度だと言われています。残りは黄巾の民衆。

 

 

鮑信は曹操に援軍を求め、共に戦いますが、

鮑信が討死したことによって于禁は曹操に仕える事になります。

蒼天航路(7巻139P)より画像引用

青州兵(曹操軍精鋭)誕生の秘話

 

この青州黄巾賊との戦いで活躍した于禁は、

その後は徐州侵攻戦で活躍したり、豫州で反乱を起こした黄劭を討ち取ったり、

袁術を攻めて曹操の領土拡大に貢献しています。

 

 

張繍が偽の降伏をした際に、

典韋・曹昂はじめ多くの兵士を失った時には、

 

混乱を起こした曹操の青州軍が、

味方から略奪行為が行ったりする行動もあったそうです。

 

しかし于禁は味方を襲った青州兵を処断しつつ、

張繍の追手への備えをしてから曹操への報告をしました。

 

一部の青州兵から「于禁が味方を攻撃して裏切った」という報告を受けた曹操は、

確認の為に于禁に使者を送っても、備えができるまで于禁は返事をしなかったと言います。

 

とりあえず「今は相手への対応をきちんとするのが最優先。

曹操様への弁明など後回し!」といった感じだったのでしょう。

 

これを後に知った曹操は、「于禁は、古の名将を超えている」と絶賛し、

于禁に対して大きな信頼を寄せていきます。

 

 

そして曹操軍の中で名将といえば、

張遼・張郃・楽進・徐晃・于禁になりますが、

 

曹操が出陣した際には、必ず彼らの誰かを先鋒と殿を任された程だったと言います。

相当な信頼を置いていたのでしょうね。

 

ちなみにこの時、曹操軍の中で最も高い役職にあったのは、

左将軍に任命されていた于禁で、同列に楽進(右将軍)がいました。

悲劇の分岐点

そんな于禁に悲劇が襲うのは、関羽が攻めてきた樊城の戦いでした。

 

この時に樊城を守っていたのは、

これも曹操軍きっての名将であった曹仁でしたが、

関羽に城を包囲され、さすがに苦戦を強いられていました。

 

そこに援軍に送られたのが于禁でした。

 

 

しかしこの時、不幸にも漢水が氾濫を起こしたせいで、

于禁軍は戦うこともできないまま、洪水に巻き込まれてしまいます。

※関羽による川を積止めした計略もあってのことだともいわれていますね。

 

とにもかくにもこれによって于禁軍は、壊滅状態に陥り、

そこに関羽軍が押し寄せてきたため、仕方なく降伏を選択します。

 

 

この時に于禁の副将であったのが、龐徳(ほうとく)という武将でした。

※龐徳はもともと馬超の臣下。

 

龐徳は、結果こそわかってはいたものの、

最後まで降伏せず捕らえられ、処刑されてしまいます。

曹仁なくして曹操なし

 

これを後に聞いた曹操は、

「于禁と知り合って30年も経つのに、

危機的状況を前にした龐徳及ばないとは思わなかった」

と嘆いたそうです。

 

ちなみに司馬懿・蒋済は、

「于禁は洪水のせいでやられたのであって、戦いの上で敗れたわけではない」

と曹操に于禁の弁護もしています。ごもっともなご意見かと・・・。

悲惨な最後

 

関羽が呉の計略によって捕らえられ処刑されると、

関羽によって捕虜となっていた于禁は呉へ送られる事になります。

 

そして于禁の帰国が許された時には、

既に曹操はこの世を去り、曹丕の代に変わったタイミングでした。

 

この時、精神的にかなり疲れ果てていたのでしょうね。

帰国を許された時の于禁は、白髪・白髭になっていたそうです。

 

 

帰国した于禁に対して、曹丕は于禁に慰労の言葉をかけるとともに、

曹操の墓参りにいってくるように言葉をかけられます。

 

しかし、曹操の墓参りにいった于禁に待ち受けていたものは、

于禁が関羽に降伏し、龐徳が降伏を断って処刑されている様子が描かれていました。

 

これはもちろん曹丕が描かせたものでしょうが、

あまりにもひどい仕打ちじゃないかなと個人的には思います。

 

これを見た于禁は、自分を恥じ入り、

これがもとで病気になって死去したと伝わっています。

 

 

敵将であった関羽でさえ、

降伏した于禁に対して「勝敗は平家の常」と言ってあげたにも関わらず、

それを言ってやれない曹丕は君主として問題があった気しかしません。

于禁死後まで罵られる始末

于禁が死んだ後に贈り名(諡)が送られていますが、

「厲侯」というものでした。

 

「厲」という漢字は誇れるようなものではなく、

「良くないもの、災いの種」といった意味があり、

于禁は死んで後まで、曹丕らによって罵られてしまったのです。

 

 

また魏国建国の功臣として、曹操の廟庭に多くの武将たちが祭られますが、

于禁が祭られる事はありませんでした。

 

曹操軍を代表する于禁と樊城の戦い以前までに、

同等の評価を受けていた張遼・張郃・楽進・徐晃は、全員祭られているのにです。

ちなみに龐徳も祭られています。

陳寿の評価

陳寿は、張遼・張郃・楽進・徐晃・于禁の中でも、

于禁は法を厳守しており、もっとも威厳があり、剛毅だったと書いています。

 

ただ最後に、終わりだけが勿体なかったと付け加えて・・・

個人的見解

 

最後の最後まで戦って死ぬことも立派な事かもしれませんが、

恥を忍んでも主君の元に帰りたいと思い、劉備にも孫権にも仕える事はせず、

 

これ以上戦えないと判断し、生き残った兵士の事も考え、

最後は恥を忍んで降伏したと思うわけです。

 

まだ少しでも戦える状態での降伏であれば話もまた違ってきますが、

洪水によってほとんどの兵が溺死してしまい、

生き残った兵達も高地から動いて戦える状態ではなかったのですから・・・。

 

 

また曹操も嘆いたとは言ったものの、

これまでの于禁の功績を知ってるだけに、

決して曹丕のような嫌味たらしい仕打ちはしなかったでしょう。

 

「大変だったな。お疲れ様。よくわしの元へ帰ってきてくれた!」

と心から慰労してあげたんじゃないでしょうかね。

 

 

苦労を共にしてきた曹操と苦労を共にしていない二世では、

かけてあげる言葉も大きく変わったでしょうね。

 

もし曹操が生きている内に帰国が許されていたならば、

少なくともこんな不遇な最後を迎える事だけはなかった気がします。