一般的な義兄弟の契り

劉備・関羽・張飛による義兄弟の契りは有名な話ですが、

実際正史に義兄弟の契りと明記されているわけではありません。

 

しかし正史にもそれに近いような書き方がされていることからも、

非常に三人の関係が深かったのです。

 

 

そんな三人が黄巾賊討伐の為の義勇軍募集されていた頃、

偶然にも出会うわけですが、その時の劉備は筵(むしろ)を売っていた青年でした。

 

その時、その立札を見ていた劉備がため息をついていると、

張飛が声をかけ「なんでため息なんかついてるんだ!?」と劉備に話しかけます。

 

そうすると劉備が「自分に力がないばかりに、

世の中が混乱してるのに何もできない」と言葉を返すと、

張飛が「それならば自分と一緒に立ち上がろう」と言い出します。

 

そして二人は酒場で飲むことにしたんですが、

そこで新たに出会ったのが関羽でした。三人は会話が弾み、意気投合するのでした。

 

 

そして話している内に、劉備が只者でないと感じた関羽と張飛の二人は、

実は劉備が漢王朝の血を引いている人物だということを知ります。

 

これをきっかけに劉備の家の裏にあった桃の木の下で、

「生まれた日は違えども、死ぬときは同じ日を願う」と三人は誓いあい、

 

劉備を長兄に、関羽を次兄、張飛を末弟として、

義兄弟の契りを結んだというものです。

 

桃の木の下で誓い合った事から「桃園の誓い」とも呼ばれます。

 

一般的に有名なのがこの話かなと思いますが、

他にも義兄弟の契りに関する話がいくつかあるので紹介してみたいと思います。

義兄弟の契り(逸話①/張飛と関羽の喧嘩)

 

劉備・関羽・張飛がまだ出会う以前、

張飛は、肉屋を営んでおり、井戸を利用して肉を保存していました。

またその肉を保存する際に、上に1000斤の重さの石を乗せていたといいます。

 

1000斤とは大体500kgの重さなので、半端ない重さです。

 

 

この重い石を張飛は軽々と動かしていました。

ただ自分は動かせるけど、他の者には無理だろうと考えており、

 

自分の力を自慢する意味も込めて、

「もしこの石を動かせる者がいたら、保存している肉は勝手に食ってくれていい」

という立札を立てていました。

 

実際誰もその石を動かすことができなかったのですが、

ある時、そこを通りがかった関羽がその石を簡単に動かしてしまいます。

 

そして関羽は、

保存されていた肉を周りの人々に分け与えていました。

 

 

この光景を目にした張飛は激怒し、

「勝手に肉を分け与えるんじゃない!」と関羽に逆ギレします。

 

これによって二人が喧嘩を始めるわけなんですが、

それを止めに入ったのが劉備でした。

 

関羽・張飛が非常に体格的にも優れていたのに対して、

劉備は貧弱な体格でした。

 

しかし劉備に手を掴まれた二人は、その手を振り払う事ができず、

「こんなやつのどこにこんな力があるんだ!」とびっくりしてしまいます。

 

そして劉備になみなみならぬものを感じた二人は、

劉備と義兄弟の契りを結んだという話です。

義兄弟の契り(逸話②/木登り)

 

三人が意気投合し、義兄弟の契りを結ぶ際に、

誰を長兄にするか口喧嘩が始まります。

三人ともが「自分こそ長兄だ!」と譲らかなかったのです。

 

そこで張飛は、近くにあった大きな鍬の木を指さして、

「木登りで長兄を決めてはどうか?」と提案します。

 

張飛が木登りを提案したのには理由があり、木登りが得意だったのです。

どうしても長兄になりたかった張飛は、自分の得意分野を提案したというわけです。

そして、劉備と関羽は張飛の提案に乗ります。

 

 

そして木登り競争が始まると、

木登りが得意は張飛はあっさりと頂上まで登りきります。

その時関羽はまだ桑の木の中間程しか登れていませんでした。

 

そして劉備はというと、木の下から全く登ろうとせず、

その場に立ち尽くしていました。

 

 

大喜びする張飛でしたが、

劉備に「何故木登りをしなかったんだ?」と問いかけると、

 

「木は根元から伸びて幹になり、枝を広げていく。

木の元となるのは根元だ。だから私は動かなかったのだよ」と劉備は答えます。

 

つまり気は木は最初根から始まっており、

根の近くにいた自分が長兄だと劉備はいいたかったのです。

 

 

これに感心してしまった関羽と張飛は、劉備を長兄に決めたそうです。

そして木の中間(幹)にいた関羽が次兄となり、一番最初に登った張飛は末弟となったというものです。

 

ちなみに桑の木ではなく、桃の木だったという話もありますが、

内容はどちらも似たような内容になっています。

 

もう桃園の誓いという、

かっこいいイメージから完全かけ離れてきた話ですね。