何晏かあんは大将軍であった何進の孫にあたる人物で、

 

何晏の母であった尹夫人は既に未亡人であり、

運よく曹操の目にかかり、曹操の側室になった女性です。

 

曹操は愛した女性の子も自分の子と同じように大事に育てており、

尹夫人の連れ子であった何晏は、曹操の実子であった曹丕や曹植同様に大切に育てられました。

 

思わぬことから曹一族になった何晏ですが、

どんな生涯を送ったのかここでは見ていきたいと思います。

何晏(かあん)

 

何晏は後に曹操と再婚する事になる尹夫人の子として、

また卑しい身分から大将軍まで上り詰めた何進の孫としてこの世に生を受けます。

 

ちなみに何進の息子で、何晏の父親は何咸かかんという人物です。

 

ただ何晏の父親である何咸は、三国志正史にも演義にも登場していません。

「論語集解」に名前だけ登場しており、その事から何咸であるだろうといわれています。

 

 

大将軍であった何進や何咸が、宦官の罠にかかる形で殺害されると、

尹夫人と何晏らは途方にくれてしまいますが、

 

運もあってか、曹操に見初められて尹夫人が再婚を果たし、

何晏は曹操の養子として育てられます。

 

何晏は子供ながら才能に恵まれていた事もあり、

曹操の養子になったことで曹操の太子同様の服装をしていたといいます。

 

目立ちたがり屋の一面があったのでしょう。

 

 

また自分自身が好きすぎて、白粉を顔に塗って出かけていたようで、

常に自分の顔が見れるように鏡を持ち歩いていました。

 

それだけではなく何晏は、

外を歩く際も自分の影を踏まないように歩いていたそうです。

 

影を踏まなかった理由は、

踏んでしまうと自分自身の影が乱れてしまうからだったといいます。

 

 

そんな何晏を見る曹操の目は優しく、

何晏をかわいがり、曹操の娘であった金郷公主を妻に与えています。

 

金郷公主の母親は杜夫人といって、

夫と無理やりに離れ離れになっていた際に、曹操に一目ぼれされて再婚した女性でした。

関羽と曹操に愛された女性、杜氏(とし)とは? 〜関羽から横取りして杜氏を奪った曹操〜

 

何晏の母である尹夫人同様に、

杜夫人にも秦朗という連れ子がおり、曹操は何晏同様に秦朗も可愛がっています。

 

その杜夫人と曹操の間に生まれた女の子が金郷公主でした。

 

曹操はそんな金郷公主を何晏と与えたのですから、

何晏の才能を非常に愛していたとも同時に言えるでしょう。

曹操死後の曹丕・曹叡時代の何晏

曹操に可愛がられていた何晏でしたが、

曹操が死んだことによりその状況が一変してしまいます。

 

跡継ぎが曹丕だったからです。

とりあえず連れ子の癖に父であった曹操に可愛がられ、

 

自分達実子同様の格好をして目立っていた何晏を気に入っていなかったからです。

 

そして曹丕が死んで曹叡が跡を継いでからも、

状況はいたって変わらずに冷遇される時期が続きました。

 

 

何晏は、今の状態では政治の場で活躍していく事は不可能だと思ったのでしょう。

 

もともと才能があったこともあり、

文学の道に力を注いで多くの作品を手がげるようになりました。

 

特に何晏によって「論語集解」「老子道徳論」の編纂をしたことは、

後世に与えた影響は非常に大きかったことが言えると思います。

蒼天航路(35巻29P)より画像引用

 

 

唐時代で有名な李白・杜甫でさえ、

何晏の影響を大きく受けたと言われているほどです。

 

まぁ実際は曹操・曹植などの影響も受けていますけども、

それと並んで何晏も評価されている感じですね。

曹爽に重用される

曹叡が亡くなると曹芳が跡継ぎになるのですが、

 

曹芳はまだまだ幼かったこともあり、

曹叡の遺言として司馬懿と曹爽がその補佐役を任されます。

 

 

曹爽は、曹叡の時代にも大活躍していた曹真の息子であった為、

 

実力こそなかったものの曹真二世という事で、

実力者であった司馬懿同様に重い役目を与えられたわけです。

 

曹爽とは以前より交流があった事もあり、

何晏はここにきて曹爽により重く採り立てられることになります。

 

この時何晏は、散騎常侍・尚書に任命された事で、

曹丕・曹叡の時代には完全に諦めかかっていた政治中枢での権力を入手。

 

 

司馬懿が曹爽によって名誉職であった太傅に祭り上げた際も、

何晏は曹爽一派として暗躍。

 

曹爽の独裁が続いてくれれば、

それだけ何晏が飛躍するきっかけにもなるのですから、

 

何晏が曹爽に力を持たせようと、力を貸したのは当たり前ではありますね。

 

実際に何晏は、司馬懿が太傅に祭り上げられた後、

吏部尚書に任じられたことからも更なる出世を果たしたわけです。

司馬懿のクーデターにより全てが終わる

司馬懿を遠ざけたことにより、曹爽の時代が到来したように思われました。

 

しかし曹爽らによって追いやられ、

曹爽らの警戒をこれ以上高めないように病気と称していた司馬懿が、

 

曹爽らが外出していた時を見計らって魏内部を掌握し、クーデターを起こして見事に成功。

 

これによって曹爽をはじめ、

曹爽に重く採り立てられていた曹爽一派は処刑されてしまいました。

 

もちろん例外ではなく、

何晏もこれにより人生に幕を下ろすことになります。

 

 

この際に何晏の一族も処刑されるかと思われましたが、

何晏の母であった尹夫人(亡き曹操の側室)の孫にあたる幼い子の除名嘆願を行い、

 

尹夫人の聡明さを認めていた司馬懿は、

その願いを聞き入れて、何晏の末子であった何某かぼうの命だけは助けてあげたそうです。

 

ちなみに何晏の妻であり、杜夫人の子であった金郷公主も、

司馬懿に助けられたといわれています。

何晏と司馬懿の最後の逸話

司馬懿のクーデターによって、

曹爽一派は捕らえられて連座の罪で処刑されてしまいますが、

 

曹爽らは当初謹慎の命令を受けており、

司馬懿は曹爽らに対する裁判を何晏にさせました。

 

この時、裁判官を任せられた何晏は命が助かりたいことから、

曹爽らの罪を厳しく追及したそうです。

 

ようは簡単に仲間を売ってしまったわけですね。

 

曹爽一派であった何晏が述べた曹爽らへの供述が決定打となり、

曹爽らの処刑が決定してしまいます。

 

 

これによってなんとか死なずに済みそうだと思った何晏でしたが、

司馬懿は最後に一言何晏に対して言葉を発しました。

 

「まだその罪人の中に一人だけ入ってないやつがいる」と・・・。

 

 

これを聞いた何晏は、それが自分であることを瞬時に悟ったといいます。