関平(かんぺい)

関平は、結論からいうと関羽の実子になります。

ただ母が誰なのかといった記録や活躍の記録もほとんどもありません。

 

関羽が呉に捕らえられて処刑される時に、

共に捕らえられて処刑されたという少ない記録しかありません。

その為に三国志演義でのイメージが非常に強い人物になってますね。

 

だからこそ関平は、

三国志演義の設定である関羽の養子だと思っている人も案外多いです。

 

しかし記述こそ少ないけれども、

関平は間違いなく関羽と血のつながった実子になります。

三国志演義での関平

劉備が徐州で曹操に敗れ、劉備は袁紹の元へ逃亡し、関羽は曹操に降り、

張飛は山賊に身を落として過ごす時があります。

 

しかし、その後それぞれの所在地が分かると、

3人はまた合流に向けて動き出します。

 

 

その中で華北に住んでいた関定の屋敷が登場します。

関平はその関定お次男として登場しています。

 

その際に、関定は関羽にほれ込み、

自分の息子を連れて行って欲しいと関羽に懇願します。

 

その時に、子供がいなかった関羽に対して、

劉備が間を取り持って関羽は関平を養子として迎える事を決意します。

 

 

その後、劉備が劉表の元へ放浪し、

劉備が新野の城を任されていた時に夏侯惇が攻め込んできますが、

関平は、劉備軍の中で活躍する場面を与えられます。

 

その後も多くの戦場に参加し、数多くの功績を上げています。

最後は、正史と同様、関羽と共に呉に捕らえられ、処刑されています。

関帝廟に周倉と共に・・・

 

三国志演義でのイメージが多く、

関平は関羽の養子であると思ってる人も多いですけど、

最初でも述べたように関平は間違いなく関羽の実子になります。

 

関羽には関興(関平の弟)という子供もいますが、

関興も若くしてこの世を去った為に正史での活躍はほとんどなく、

関平と同じように三国志演義で活躍の場面を多く貰っている人物になりますね。

張苞・関興は張飛・関羽2世として大活躍したのは真実?

 

 

また関羽と共に周倉という人物も一緒に戦っており、

関羽が援軍を引き連れてくるまで囮として麦城に立て籠もっていましたが、

関羽が討たれた事を知ると、城壁から飛び降りて自殺しています。

 

現在、関帝廟に関羽が祭られていますが、

関羽の両端に一緒に祀られているのは関平と周倉になります。

 

ちなみに周倉は、完全に三国志演義だけの架空の人物になりますが、

最後まで関羽を慕って生死を共にした忠義の心が認められて祭られたのでしょうね。