董卓殺害

洛陽から長安に遷都した董卓でしたが、

遷都後も董卓の暴政は変わらず続きましたが、

ここで、呂布に董卓殺害されるという事件が起きます。

 

呂布はもともと丁原に仕えており、

主君であると同時に親子の契りを丁原と結んでいました。

呂布から見れば養父にあたる人物になります。

 

ですが呂布は董卓の誘いにのり、

養父である丁原を殺害し、今度は董卓と養父の契りを結んでいました。

 

つまり呂布は、

二度の親殺しをやってしまったのです。

王允の暗躍

董卓の暴政に危機感を覚えていた王允(おういん)は、

どうすれば董卓を倒せるか考えていました。

 

王允と司徒という位についており、

司空・太尉と並ぶ三公の1つの重要な役職についていました。

 

 

王允は、真っ向勝負をしても、董卓に返り討ちにされる。

ましてや武勇に優れた呂布がついていたのでは、尚更厳しい。

 

そこで王允は、

「美女連環の計」という計略を用います。

 

「美女連環の計」とは、美女を使って、董卓と呂布を仲違いさせ、

呂布に董卓を討ち取ってもらおうという計略になります。

連環の計

三国志演技での美女連環の計

この話は聞いた事あるかもしれませんが、

王允のもとには、貂蝉(ちょうせん)という美女が養われており、

自分の娘のように育てていたようです。

 

王允の悩みを知った貂蝉は、

自分自身が董卓と呂布の関係を切り裂き、

呂布に董卓を殺害させようとします。

 

董卓と呂布は、この貂蝉にまんまとはまり、

惚れ込んでしまいます。

 

そして最終的に王允に説得され、呂布は董卓を殺害してしまいます。

その後の貂蝉は、呂布に死ぬまで付き従ったそうです。

三国志正史としての美女連環の計

三国志正史では、

三国志演技でもお馴染みだった貂蝉は出てきません。

 

しかしこの話が、嘘かというとそうではないです。

実際に一人の女性を使ったのは事実である可能性が高いです。

ただその女性が誰なのか等は不明です。

 

実際に董卓と呂布が仲違いしたのも事実ですし、

二人を惑わしたのですから、貂蝉のイメージに劣らぬ美女だったのでしょうね。

王允の三日天下

董卓を討ち取り、そのまま呂布を従えた王允が、

平穏に天下を治めたわけではありません。

 

王允は董卓の一族や息のかかったものを

容赦なく静粛していきます。

 

董卓が殺害されていた当時、

西方にいた李傕(りかく)・郭汜(かくし)は、

牛輔(ぎゅうほ)軍に在籍していましたが、牛輔も討たれた事により、

当初降伏を考えていたようです。

 

ですが、王允が降伏を認めようとしなかった為、

最初逃亡を考えていたようです。

 

そんな折、李傕・郭汜軍の中にいた賈詡(かく)が助言します。

「逃亡して逆賊扱いされるぐらいなら、長安を強襲しましょう」と!!

 

その作戦が見事に的中し、王允・呂布軍は破れてしまいます。

三日天下と書いていますが、実際は三日ではありません。

王允と呂布の関係は、早くも冷え切っていた?

董卓殺害に協力した二人でしたが、

王允は呂布を心底信用はしておらず、

 

呂布も自分の功績を自慢する態度が多く、

お互いの関係は董卓殺害後、急速に冷え込んでいった。

そこを李傕・郭汜軍の長安強襲にあい、破れてしまったと言われています。

 

ここで呂布は、王允に対して、

一緒に逃げようと言葉をかけます。

 

ですが、王允は、

「国家の安定が実現されない中、私だけが幼い献帝を残して、

1人だけ逃げる事はできない。」と呂布に言葉を返します。

 

このやりとりからも、

二人の関係が冷え込んでいたと一概には言えないかもしれません。

 

単純に智謀の士である賈詡を連れた李傕・郭汜の反撃の速さに、

王允・呂布が対応できなかった可能性が高いように思います。

李傕・郭汜の仲違い&献帝の長安脱出

長安を手中に治める事ができた李傕・郭汜でしたが、

二人は次第に争うようになっていきます。

 

その後、和議を結んだんですが、

この仲介役を引き受けたのは、張済(ちょうさい)という人物でした。

 

その和議条件として出された条件が、

「献帝を長安から脱出させる」というものでした。

 

ですが、途中で李傕・郭汜が心変わりして、

献帝を再度捕らえようとします。

 

しかし、献帝を捕まえる事はできず、

逃がしてしまいます。

 

 

献帝が無事に長安脱出をした後、

賈詡は李傕・郭汜の元を去り、張済の甥である張繍(ちょうしゅう)の元へ訪ねます。

※張済も張繍も董卓軍残党です。

 

献帝を逃がしてしまった李傕・郭汜ですが、

この二人のの争いは再度加速し、滅びの道へ突き進んでいきます。