蒋琬の病死・費禕の暗殺

諸葛亮亡き後、蜀を支えてきた蒋琬が病死し、

費禕がその後の蜀を支えていました。

 

どちらも諸葛亮が、後を託した人物でしたが、

費禕が、魏の郭循(かくじゅん)によって殺害されてしまいました。

 

 

これによって、蜀の支柱が崩れ始め、

姜維が諸葛亮の北伐の意思を引き継ぎ、開始されます。

 

蒋琬・費禕が生存していた時は、

姜維の北伐も抑えられてきましたが、

 

二人が死去したことにより、

姜維を抑える人物がいなくなってしまった形です。

姜維の北伐開始

姜維は諸葛亮が第一次北伐の時に、魏から蜀へ降参した武将でした。

 

しかし姜維の類いまれなる才能を諸葛亮に認められ、

諸葛亮の兵法を学んだ人物です。

 

 

姜維は、その後も諸葛亮の北伐の意思を引き継ぎ、

北伐する事を考えていましたが、

 

蒋琬・費禕によって、

国の衰退に繋がる可能性のある北伐は、今は控えるべきだとして、

姜維の北伐の意見は,取り下げられていました。

 

しかし蒋琬・費禕が死んだことによって、姜維は何度も北伐を開始します。

 

しかしこの度重なる北伐によって、蜀の国力が低下していき、

蜀の政治も腐敗していきます。

曹芳の廃位

司馬懿亡き後、

司馬師・司馬昭が魏の実権を握っていました。

 

そして幼い頃に帝位についた曹芳は、

「成人しても、酒に溺れ、女に溺れ、国の政治を全く考えていない」

として、廃位に追い込まれます。

 

漢帝国の末期と同じく、曹家の権力は地に落ちてしまったのです。

曹芳が廃位された後、曹髦(そうぼう)が跡を継がされます。

毌丘倹・文欽の反乱

司馬師・司馬昭によって、

曹芳が廃位させられたことに怒りを感じた毌丘倹が、

文欽と組んで寿春で蜂起します。

 

これは司馬師によって、あっさり鎮圧されてしまいます。

この時鎮圧に貢献した武将が諸葛誕になります。

 

またこの直後に、司馬師が病気の為に急死しています。

司馬師の後は、司馬昭が実権を握っています。

諸葛誕の反乱

毌丘倹・文欽の反乱鎮圧に力を尽くした諸葛誕が、

そのまま寿春で蜂起します。

 

この諸葛誕の反乱は、

毌丘倹・文欽の反乱とは桁違いの兵力で、

この反乱に呉も援軍を送るなどして協力します。

 

しかし場内で仲間割れが起こり、

それにつけこまれ、諸葛誕の反乱は鎮圧されてしまいます。

司馬一族に反乱を起こした魏の諸葛一族、諸葛誕(しょかつたん)/【諸葛亮=龍、諸葛瑾=虎、諸葛誕=狗】

 

魏帝曹髦の反乱

司馬師・司馬昭の専横がひどく、

魏で一番偉いはずの皇帝が反乱を起こしてしまいます。

 

完全な操り人形である現在の状況に、

曹髦は我慢できず、司馬師を討つ計画を立てます。

 

しかし既に家臣の中に裏切り者がおり、

この計画は事前に漏れており、逆に返り討ちにあってしまいます。

 

これにより曹髦はその場で処刑され、

その後を継いで、曹奐(そうかん)が即位します。