水魚の交わり

「水魚の交わり」とは、劉備と孔明の関係を表した言葉で、

信頼できる相手に対して使われる言葉です。

この言葉が生まれるまでの経緯

三顧の礼によって劉備に仕える事になった孔明と劉備は、

毎日のように今後の展望について語り合っていました。

 

劉備に仕えていた多くの武将が、

劉備が孔明とばかり話している姿に不満を覚えていまいた。

 

劉備と挙兵時から一緒に頑張ってきた関羽と張飛も

さすがに不満を覚え、劉備に対してこのことについて直訴しました。

 

この時、劉備は、

「自分と孔明の関係は、

魚が水が必要なのと同じよう必要なものなのだ」といったそうな。

 

これにはさすがの関羽も張飛も何も言えず、

納得せざるを得なかったようです。

 

ようは、劉備にとって孔明は、

無くてはならない存在になっていたんですね。

 

「水魚の交わり」は、

このことがきっかけで生まれた言葉になります。