鄧艾が謀反の罪で処刑される

蜀討伐を成し遂げた鄧艾は、

益州地域を安定させるように尽力していました。

 

ただ、蜀を征伐した事を鼻にかけており、

鍾会やその他の将軍達の妬みを買い、謀反の疑いがあるとして司馬昭に連絡されてしまいます。

 

その結果、蜀征伐の最大の功労者であるはずの鄧艾が、

謀反の罪で捕らえられ、処刑されてしまいます。

姜維、鍾会と組んで謀反を企む

劉禅が降伏し、対峙していた鍾会にそのまま降った姜維ですが、

一物の野望を胸に秘めていました。

 

その際に降った先の将軍である鍾会に取り入り、

鍾会をその気にさせ謀反を企てます。

 

姜維は、劉禅が降伏した後も、

奪われた蜀を取り返そうと考えていたのです。

 

 

そして鍾会と姜維は、

鄧艾の部下達を幽閉していましたが、

 

幽閉した鄧艾の部下達が抵抗し、

最終的に鍾会と姜維は討たれてしまいます。

羅憲が最後の意地を見せる

劉禅が降伏し、蜀は滅亡してしまいます。

また蜀を取り返そうと考えていた姜維も失敗し、処刑されてしまいました。

 

しかしそんな中、おこぼれに預かろうと、

呉の陸抗(りくこう)が蜀の永安城へ攻めかかります。

※陸抗は陸遜の息子にあたります。

 

この城を守っていたのが羅憲(らけん)であり、

黄皓に嫌われ、この地に左遷させられていました。

 

 

陸抗は降伏を呼びかけますが、

泥棒まがいの事をする呉軍に降伏する事は恥だと考えており、

援軍も期待できないまま、場内の兵士を鼓舞し続けて奮闘します。

 

数倍の兵力差があったにも関わらず、

羅憲は永安を守り抜きます。

 

その行為に感銘を受けた司馬昭は、羅憲を褒め称え、

羅憲が元蜀臣から推薦した者は、全員取り立てられています。

三国志正史を書いた陳寿もその一人です。

司馬昭の死去

蜀を滅ぼした事で、

司馬昭の力が更に増していきました。

 

形骸化していた曹一族に代わり、

司馬昭が皇帝につこうとしていた矢先、この世を去ってしまいます。

 

そして司馬昭の子である司馬炎(しばえん)が、

司馬昭の意志を引き継ぎます。