曹叡崩御

公孫淵を討伐して間もなく、

曹叡が36歳でこの世を去ります。

 

曹叡亡き後、曹芳(そうほう)が跡を継ぎ、

幼かった曹芳を曹爽(そうそう)と司馬懿が協力体制で支える事になりました。

 

しかし司馬懿に実権を握られる事を恐れた曹爽は、

司馬懿を太傅(たいふ)に祭り上げてしまった。

太傅は名誉ある役職であったけれども、実権のない役職でした。

後漢の官僚制度(三公九卿)

 

これにより権力を曹爽が掌握し、

曹爽一族を国の重要な役職につけて、独占体制を敷きます。

魏の高句麗占領

曹叡が死去して後、高句麗討伐が行われていました。

そして3年をかけて高句麗を制圧するに至ります。

 

高句麗を討伐しようと決意した理由として、

公孫淵が支配していた遼東地域を完全制圧したことがきっかけでした。

 

ちなみに高句麗軍の方が兵力は多くいましたが、

戦慣れした魏軍が戦況を有利に展開しました。

この時活躍したのが、毌丘倹(かんきゅうけん)という将軍です。

司馬懿のクーデター

魏をやりたい放題に独裁している曹爽一族をこのままにしておくと、

魏が滅んでしまうと考えた司馬懿は、

息子の司馬師・司馬昭と共に、クーデター計画をたてます。

 

このクーデターは成功し、曹爽一族は全員誅殺され、

これを機に、司馬懿一族の独裁が始まったのです。

 

そしてクーデターを成功させ、司馬家の力を増大させたことで安心したのか、

それからほどなくしてこの世を去っています。

孫権の錯乱

魏が高句麗制圧など領土拡大している中、

呉では暗雲が立ち込めていました。

 

曹操・劉備とともに三国の基礎を築いた孫権も、

年を取るにつれて、錯乱状態になることも増えてきており、

 

自分に逆らった意見をするものなどを誅殺したりと、

暗君と呼ばざるを得ない程、かつての面影が薄れていました。

 

そして、皇太子であった孫登が病死した事で、

後継者争いを激化させてしまいます。

 

夷陵の戦いで劉備を撃退したり、

呉の為に尽くしてきた陸遜もこの後継者争いに巻き込まれてしまいます。

そして最終的にその争いがもとでこの世を去ります。

孫権の崩御

後継者争いで荒れに荒れた呉でしたが、

その後まもなく、孫権がこの世を去ります。

 

孫権の後は、孫亮が跡を継ぐ形になりましたが、

この後も国が安定はせず、乱れに乱れていくのです。

 

ちなみにこの孫権崩御を機に、

魏が呉に侵攻してきましたが、これは難なく撃退しています。