空城の計

空城の計とは、名前の通り、

城の城門を開け放ち、何かしらの罠があると相手に思わせる計略です。

 

ただ相手に空城の計だと見破られれば、

敵を招き入れてしまうので全滅してしまう危険な計略でもあります。

 

この計略は、あくまで心理戦の上で成り立っている計略なので、

使う相手を間違うと、大変な事になる可能性がある点を頭にいれておかないといけません。

実践

横山光輝三国志(52巻168P)より画像引用

 

孔明が北伐をしていた時の話ですが、

味方の兵が出払っていた時に、司馬懿が大軍を率いて城に迫ってきます。

 

 

この時孔明は、

城門を開け放つように命令します。

 

そして、かがり火をたき、門前に水をまかせ、

孔明は城の上で琴を奏でていました。

 

あたかも近づけば、

「罠が待ち構えているぞ!」と司馬懿に思わせたかったのです。

結果

この光景を見た司馬懿は、

「孔明は普段から危険な事をしない。城を開け放っているのは罠がある証拠だ」

といい、安全を考慮して撤退しました。

 

孔明は、相手が司馬懿という知恵者だったからこそ、

これを実行したのです。

 

圧倒的兵力差があるこの状況下で、

急いで逃げても司馬懿に捕まるだけだと思った孔明の起死回生の策でした。

 

 

孔明が撤退した後に、この城を占領した司馬懿は、

当時の城の状況を住民に話を聞きます。

 

そうすると罠どころか、

少数の兵しかいなかったことが判明し、司馬懿は落胆します。

 

ただこれは、三国志演義だけの話で、

三正史では、空城の計を使ったなどの話は出てきません。