曹操と結婚した女性達

曹操は生涯で13人の女性と結婚しました。

そして13人の女性との間に合計32人の子供を作っています。

 

 

当たり前ですが正室は何人の女性が結婚しても一人です。

他は全員側室という立場になります。

 

今回は曹操が結婚した女性の中で、

劉夫人から丁夫人へ、そして卞夫人に正室が移っていくのですが、

今回は曹操の正室になったその3人を紹介したいと思います。

劉夫人(一人目の正室)

 

劉夫人は曹操がまだ若い時に結婚した妻で、

まだまだ曹操も地盤を確立できていない時でした。

 

劉夫人は、3人の子供を産んでいます。

  • 曹昂(そうこう/長男)
  • 曹鑠(そうしゃく/次男)
  • 清河長公主(せいかちょうこうしゅ/長女)

 

ただ劉夫人は早くにこの世を去ってしまいます。

 

 

劉夫人がこの世を去って後、

劉夫人の3人の子供は、丁夫人が引き取って世話をしたようです。

 

ただ清河長公主に関してのその時の記述が見当たらない為、

はっきり丁夫人が引き取って育てたかどうかは実際は不明です。

 

ですが普通に考えれば、

まとめて育てたと考える方が自然だと思います。

丁夫人(二人目の正室)

 

丁夫人は名家の出身であり、

正室であった劉夫人が亡くなると曹操の妻として迎えられています。

そして丁夫人は曹操の正室になるわけです。

 

丁夫人は劉夫人の子である曹昂・曹鑠・清河長公主を引き取って育てています。

 

特に曹操と丁夫人の間には子供ができなかった為、

引き取った3人の子を自分の子のように可愛がったそうです。

曹鑠の死&曹昂への寵愛

しかし次男であった曹鑠は病弱であり、20歳を迎えたあたりで病死したようです。

 

その為、長男であった曹昂へ亡くなった曹鑠の分まで、

多くの愛情を注いで育てます。

曹昂の死

そんな中、丁夫人にとって大きな悲劇が起こってしまいます。

 

曹操が曹昂を連れて出陣した張繍討伐の際に、

賈詡の計略にはまり、曹操を必死に守った曹昂は討死してしまいます。

 

 

この事実を聞かされた丁夫人の悲しみは尋常なものでなく、

曹操への憎しみを募らせていきます。

 

そして曹操と何かあるたびに、

「私の子を殺しておいて、よくもそんな平気でいられるもんですね!」

と皮肉を言いながら、泣きじゃくったそうです。

曹操との離婚

丁夫人の乱れようが半端なかったため、

曹操は丁夫人を実家に一旦帰して気持ちが落ち着くのを待つ事にしました。

 

それからしばらくして、もうそろそろ丁夫人も許してくれるだろうと、

わざわざ丁夫人の家を訪ねて、直接謝罪をします。

 

そして自分の元に戻ってきてくれるように頼みますが、

丁夫人は変わらず曹操を許すことができなかった為、曹操も諦めたようです。

 

 

これによって曹操と丁夫人は離縁してしまうわけです。

曹操にとって、これが初めての失恋だったかもしれないですね。

 

戻ってくれるようにまで丁夫人に頼んだ事を考えても、

曹操は、心の底から丁夫人を愛していたのがうかがえます。

 

そして後に丁夫人が亡くなった事を知った曹操は、

離婚してるにもかかわらず、丁夫人の埋葬をしてあげたといいます。

曹操の丁夫人への未練

後に曹操が歳を重ねた晩年、

「もしこの世に霊魂というものがあって、

曹昂に育ての母であった丁夫人の所在を尋ねられた場合、私は曹昂に何と答えたらいいのだろう・・・」

と言ったそうです。

 

それだけ丁夫人の事が忘れられず、最後まで頭に残っていたのでしょう。

卞夫人(三人目の正室)

 

卞夫人は丁夫人が正室にいた頃に、側室として迎えられた妻になります。

 

卞夫人は貧しい家の女性で、

酒宴等の席で歌を歌ったりする遊女をやっていました。

 

そんな卞夫人は、20歳の時に曹操の目に止まり、

曹操の側室として迎え入れられています。

 

卞夫人は曹操の妻になってからも、

豪華な暮らしを好まず、謙虚な振る舞いを心がけていました。

高い&安い&普通の耳飾り

ある時、曹操が複数の耳飾りの中から、

好きなものを卞氏に選ばせることがありました。

 

その時に卞夫人は高いものでも安いものでもなく、普通の耳飾りを選びます。

 

曹操は「なぜ普通の耳飾りを選んだのか?」

と卞夫人に尋ねると、

 

「高い耳飾りを選べば欲深い者だと思われてしまうし、

逆に安い耳飾りを選んだら選んだで自分を良く見せる為にわざと安い耳飾りを選んだと思われてしまう。

だから普通の耳飾りを選んだのです」と答え、曹操は感心したそうです。

丁夫人と卞夫人

正室であった丁夫人からは、

遊女であったことを理由に嫌がらせを受ける事も多々あったようですが、

卞夫人は、それでも丁夫人への礼を欠かすことはありませんでした。

 

丁夫人が曹操と離縁すると、

卞夫人が丁夫人の跡を継ぐ形で正室になります。

 

 

そして正室になってからも、

曹操と離縁した丁夫人に対して定期的な挨拶も欠かさず続け、

 

曹操がいない時を見計らって家に招きいれらりし、

丁夫人に対しての配慮を生涯忘れる事はありませんでした。

 

丁夫人が正室だったころ嫌がらせをしていたにもかかわらず、

ここまで長く尽くしてくれる卞夫人に対して、丁夫人はとても感謝したようです。

 

 

ちなみに丁夫人が亡くなった際、

丁夫人の埋葬をしてくれるように曹操に願い出ています。

 

最後の最後まできちんと礼を尽くしたいという思いがあったのでしょうね。

卞皇后

曹操と卞夫人の間には、

曹丕・曹彰・曹植・曹熊(そうゆう)と4人の子供を授かり、

後に曹丕は曹操の跡を継いで魏を建国しています。

 

そして卞夫人は魏の建国に伴って、「皇后」と呼ばれるようになります。

卞夫人が230年にこの世を去ると、高陵にある曹操の墓に埋葬されたようです。

曹操は愛妻家だったのか?

 

曹操は13人の妻と結婚し、

女性にだらしないイメージを持ってる人も多いと思いますけど、

 

劉夫人が生きていた時は劉夫人だけを一途に愛していますし、

劉夫人が亡くなってから丁夫人を新たに妻としています。

 

また丁夫人が曹昂の件で実家に帰郷した際は、

曹操自ら迎えに行き、謝罪している所からも妻を愛していたのが伝わってきます。

 

 

とりあえず曹操は多くの女性を妻に娶っていますが、

それぞれの妻に対する面倒見が非常に良かったのだと思います。

全てひっくるめて妻を大事にしたいみたいな感じでしょうか。

 

後の秦宜禄の元妻であった杜氏(杜夫人)を側室に迎えた時にも、

連れ子であった秦朗の世話もきちんとしていますしね。

関羽と曹操に愛された女性、杜氏(とし)とは? 〜関羽から横取りして杜氏を奪った曹操〜