天下三分の計

「天下三分の計」とは、中国を3つに分けて力を均衡させるというものです。

 

 

これは孔明が、「曹操が支配する魏、孫権が支配する呉と対抗する為には、

益州を手に入れるしか選択肢はない」と劉備に助言したと言われています。

 

その後劉備は、孔明が言った通りに益州の地を手に入れ、

これにより天下三分の計が実現させました。

「天下三分の計」を提唱した本当の人物

 

おそらく三国志ファンの方の多くは、

天下三分の計=孔明と考えてる人が大半だと思いますが、実際はそうじゃないんです。

 

「じゃー誰なんだよ」って事ですけど、

魯粛(ろしゅく)という呉に仕えていた人物です。

 

 

横山光輝の三国志演義では、

孔明に弄ばれるような扱いで魯粛は描かれていますが、実際はかなり優秀な人物。

 

お人好しでなキャラクターで孔明に弄ばれてるのは、

三国志演義だけの話です。

 

実際は、君主である孫権でさえ頭が上がらなかった程の大人物でした。

 

 

魯粛は劉備と同盟を結ぶことに尽力した人物で、

劉備との同盟に尽力したのは、赤壁の戦いの為だけでなく、

その延長戦上に「天下三分の計」の実現を目指したからに他なりません。

 

天下を三つに分ける事で均衡が保たれ、

曹操への圧力を左右から分散させる狙いがあったのです。

 

もしも魏と呉だけであれば、この赤壁の戦いを乗り切ったとしても、

将来的に力負けするのは目に見えていたからですね。

魯家の狂児「魯粛」

 

この時代、中国の情勢を考えれば、

孔明でなくても、「天下三分の計」が十分考えられるものでした。

 

三国志演義では、孔明の優秀さをアピールする為に、

様々なフィクションが盛り込まれていますが、実際の孔明はそれほど目立っていません。

「三国志正史」を注釈した裴松之の言葉

裴松之(はいしょうし)は、

東晋末~宋の時代を生きた政治家です。

 

晋が280年に三国を統一するので、約100年後の時代の人物です。

 

裴松之は、歴史家の一面も持っており、

陳寿の「三国志正史」に注釈を加えた人物でもあります。

 

その裴松之も、次のように言っています。

「あたかも孔明が天下三分の計を唱えたと言っているが、もっての他だ!」と・・・。

三国志以前の天下三分について

 

孔子の「論語」には、周の文王についての記載が残っています。

「天下を三分し、その2つを有しながら、殷に仕えた」と。

 

また司馬遷の「史記」には、

項羽・劉邦の時代、劉邦に仕えていた韓信に対して、

 

蒯通(かいとう)という者が、

「天下を三分し、鼎(かなえ)の3つの足のようにするべきだ」と言っています。

 

 

三国時代より前から、天下三分の発想はありましたし、

孔明や魯粛も、「論語」「史記」を参考にした可能性が高いです。