曹操という男の値打ち

後漢の末期ごろ、

まだ曹操が若かりし頃、

 

河南に住んでいた許劭(きょしょう)は、

曹操を見て、「治世の能臣、乱世の奸雄」と評価しています。

 

この許劭は、

人物鑑定で非常に有名な人物でした。

 

どういう意味かというと、

「あんたは、世の中が平和なら、

優秀な役人だけれども、

 

乱れた世の中なら、

奸雄になれる」という意味です。

 

この時代は、

宦官が力を持ち、後漢の力も地に落ちかけていた時で、

まさに乱世の時代で、

 

そういう意味でも、

まさに曹操にピッタリ当てはまった言葉でした。

奸雄の意味

奸雄とは、

「英雄」「悪党」という意味で解釈される事が多いですが、

実際は、そんな単純な言葉ではありません。

 

「権謀術数に長けており、お人好しを手玉に取り、

世に轟くような志を抱き、

 

天下に覇を唱えるような強烈な個性の持ち主」のことを奸雄といいます。

 

ですので、

英雄や悪党と一区切りにつけれるものではなく、

それを飛び越えた「大英雄」と「大悪党」の2つの要素を組み合わせたような意味というわけです。

三菱の創設者、岩崎弥太郎「俺は乱世の奸雄になる」

岩崎弥太郎は、

坂本龍馬と同じ時代に生きた人物です。

 

後に、三菱を設立した事で、

岩崎弥太郎の名を現在まで伝えてます。

 

 

この岩崎弥太郎ですが、

「俺は乱世の奸雄になる」といった話があります。

 

江戸時代から明治の世に移った時代に、

彼は、その言葉を言っています。

 

「三国志と関係ないじゃん!」

と思われる方も多いと思いますが、

 

この時代、明治の世に移ったばかりで、

世の中は非常に乱れていました。

 

そして彼は、

手段を選ばず、できることはなんでも行い、

商人としての地位を築いていきます。

 

そして西郷隆盛の西南戦争を利用したり、

日清戦争・日露戦争までも利用して、

莫大な利益を得ていきます。

 

もちろん、様々な困難にも直面しますが、

彼はそれをなんとか乗り越えていっています。

 

結果として最終的に

三菱を設立し、現在の基礎を築いています。

 

岩崎弥太郎と曹操の時代・立場こそ違えど、

岩崎弥太郎も「乱世の奸雄」に最終的になれたのではないかと思いますね。

善と悪は表裏一体

これは三国志に限らずですが、

話には善・悪という位置づけがされる事が多いです。

 

三国志演義でみると、

劉備を善人・正義といった位置づけがされ、

曹操を悪人・不義といった位置づけがされています。

 

これは日本の「忠臣蔵」でもそうですね。

大石 内蔵助(おおいしくらのすけ)が善人

吉良上野介(きらこうずけのすけ)が悪人といった感じです。

 

どちらも小説ですが、

こういった話というのは、

善人と悪人を生む事で、話が非常に面白くなります。

 

善人がいてこそ、悪人が輝き、

悪人がいてこそ、善人が輝くという相乗効果が生まれるからです。

 

 

ただここで勘違いしてはいけないのは、

曹操を悪人と仕立て上げた三国志演義を鵜呑みにするのではなく、

 

大悪人にも大英雄にもなれる大人物は、

曹操以外にいなかったと解釈するべきだと私は思います。