益州南部の3郡の反乱

劉備が死んで後、

益州南部の方で反乱が勃発します。

 

反乱を起こしたのは、

益州南部の豪族の雍闓(ようがい)でした。

 

それに呼応するように近隣でも

高定(こうてい)・朱褒(しゅほう)が反乱を起こします。

 

雍闓はこの時、呉に通じており、

孫権から永昌太守に任命されています。

また七縦七擒のことわざの元になった孟獲もこの反乱に加わります。

 

しかしそこより更に益州南部に位置していた永昌郡では、

雍闓に味方せず、王伉・呂凱(りょがい)が抵抗します。

この反乱を抑え永昌郡を救うべく、孔明自ら南蛮討伐の為に出陣します。

雍闓・高定・朱褒の鎮圧

孔明が高定と開戦した頃、

高定を救う為に援軍としてかけつけていた雍闓でしたが、

仲間割れを起こし、高定が雍闓を殺害してしまいます。

 

そして雍闓を殺害した高定は、その後諸葛亮に敗れます。

また朱褒の方も馬忠軍に蹴散らされています。

 

高定によって討たれた雍闓軍の兵をまとめた孟獲は、

最後まで孔明に抵抗しますが、最終的に降伏しています。

七縦七擒(しちしょうしちきん)

七縦七擒という言葉は、

「心を攻めるは上策、城を攻めるは下策」

という馬謖の言葉を参考にし、

孟獲を七度捕らえて七度解放したことに由来しています。

 

これは三国志演義で登場する話ですが、

三国志正史の方では詳しい戦いの話は載っていません。

 

ただ孔明が南蛮の反乱を鎮圧し、

心服させたという話は載っています。

 

 

実際は孔明は北伐を行う前に、

後方の憂いを排除する為の討伐であり、

 

その南蛮平定にかけた期間を考えると、

数度は解放したかもしれませんが、七度解放したというのは怪しい所です。

三国志演技に書かれている七縦七擒の流れ

1戦目

横山光輝三国志(46巻121P)より画像引用

 

3元帥(金環三結・董荼那・阿会喃)の協力を得ますが、

金環三結(きんかんさんけつ)は趙雲に討ち取られ、

董荼那(とうとな)・阿会喃(あかいなん)は捕らえられてしまいます。

 

しかし孔明によって、

董荼那・阿会喃は解放されます。

 

その後孟獲と戦いますが、

蜀軍は戦いの末に敗走しだします。

 

蜀軍を追撃した孟獲ですが、敗走は蜀軍の作戦であり、

待ち構えていた伏兵の反撃にあい、最終的に魏延に捕らえられます。

2戦目

先の戦で、孔明に解放されていた董荼那・阿会喃でしたが、

孟獲の命令で再度出撃する事になります。

 

しかし孔明に恩を感じていた董荼那が、

孟獲を裏切り、孟獲は捕らえられてしまいます。

3戦目

孔明を油断させるために、

孟獲の弟である孟優を降伏の使者に送ります。

 

そして蜀軍が油断しているであろう時に夜襲を仕掛けますが、

孔明によって見破られ、馬岱によって捕らえられます。

4戦目

孔明の策略におびき寄せられた孟獲軍は、

蜀軍の反撃にあって、惨敗します。

 

その後、孟獲は落とし穴にはまって捕らえられます。

5戦目

横山光輝三国志(48巻17P)より画像引用

 

南蛮一の知恵者であった朶思大王(だしだいおう)の協力を得ます。

そして蜀軍にあの手この手で抵抗します。

 

そして酒宴を催していた孟獲ですが、

既に孔明に降伏していた楊鋒(ようほう)に裏切られて、

孟獲・朶思大王は捕らえられます。

6戦目

横山光輝三国志(48巻136P)より画像引用

 

解放された孟獲・朶思大王でしたが、

再度決戦を挑んだ際に、朶思大王は討ち取られます。

 

朶思大王を討ち取られ、今後どう戦うか考えていた頃、

孟獲の妻である祝融夫人が登場します。

 

そして祝融夫人は

蜀の馬忠・張嶷を捕らえる活躍を見せます。

 

しかし趙雲によって祝融夫人は捕らえられ、

人質交換によってお互いの捕虜が解放されています。

 

 

横山光輝三国志(48巻175P)より画像引用

 

そんな折に、

木鹿大王(ぼくろくだいおう)に援軍にかけつけます。

木鹿大王は猛獣を使って蜀軍を苦しめます。

 

孔明が準備していた「火薬を吐く木獣」によって、

猛獣部隊は逃げ、木鹿大王は討ち取られてしまいます。

そして孟獲は、捕らえられます。

7戦目

横山光輝三国志(49巻32P)より画像引用

 

孟獲は、烏戈国(うかこく)の兀突骨(ごつとつこつ)に助けを求めます。

兀突骨の兵士達は、「藤甲」という鎧を身につけており、

これは槍や弓矢を弾き飛ばす鎧で、蜀軍を苦しめます。

 

しかしこの鎧は、油を塗って作られており、

孔明の用いた火計によって全滅してしまいます。

そして孟獲は、馬岱によって捕らえられます

孟獲心服

横山光輝三国志(49漢107P)より画像引用

 

七度捕らえれれ、七度目も解放しようとした孔明でしたが、

ここで孟獲は蜀に降伏する旨を孔明に伝えます。

 

孔明の偉大さに心から感激した孟獲は、

「我らはあなた方に二度と背かない」と服従を誓っています。

 

「心を攻めるを上策」という馬謖が提案した戦略が、

実を結んだ瞬間になります。

余談

 

雍闓・高定・朱褒の反乱と南蛮平定を境に

益州郡から建寧郡に名前が変更されています。

 

またそれ以外には、

永昌郡が永昌郡&雲南郡に分けられています。

※実際には建寧郡からも一部雲南郡に組み入れられています。

 

そして永昌郡太守に王伉、

雲南郡太守に呂凱が任命されています。