「穴を掘って虎を待つの計」

 

呂布にまつわる計略は、「二虎競食の計」や「駆虎呑狼の計」が有名ですが、

これも呂布にまつわる最後の計略の一つです。

 

これは名前の通り、穴という罠をしかけて、

呂布という虎が罠にかかるのをゆっくりと待つというものでした。

 

 

「穴を掘って虎を待つの計」は、

「二虎競食の計」「駆虎呑狼の計」の延長線上の計略であり、

 

呂布討伐の総仕上げともいえる作戦でもありました。

 

ちなみにこの三つの計略は、どれも三国志演義で登場した計略になります。

「二虎競食の計」&「駆虎呑狼の計」

「二虎競食の計」は、劉備と呂布を争わせるための計略でしたが、

これは簡単に言うと、二人の間に肉を落として争わせるというものです。

 

しかしこの計略は、劉備のみに肉を与えただけで、

もう一人の呂布に肉を与えていない状態だった為に普通に失敗に終わります。

二虎競食の計

 

 

この失敗により、次に考え出したのが「駆虎呑狼の計」でした。

 

これは劉備に袁術討伐をさせている間に、

留守になった徐州を呂布に襲わせて仲違いさせるというもので、

 

この計略は見事にはまり、呂布は劉備が留守にしていた徐州を乗っ取ったわけです。

 

ちなみにですがどちらの計略も荀彧が考え出したものになります。

駆虎呑狼の計

「穴を掘って虎を待つの計」の実行

「駆虎呑狼の計」によって仲違いした劉備と呂布でしたが、

その後曹操の働き掛けもあって、劉備は徐州にある小沛城に劉備を戻らせます。

 

これには曹操側の考えがあり、

呂布を滅ぼす際に劉備を小沛城に置いておく事に意味があると考えたからです。

 

 

これがまず第一段階とすると、第二段階として、

徐州が呂布に奪われた際に呂布に仕える事になった陳珪・陳登親子を取り込んで、

 

呂布を滅ぶ為に秘密裏に通じさせました。

これにより、呂布を滅ぼすための下準備が整ったわけです。

横山光輝三国志(12巻84P)より画像引用

 

呂布を破滅させる為に暗躍した陳登

「穴を掘って虎を待つの計」の成果

後は呂布が罠にかかるのを待つだけとなったわけですが、

ここで予期せぬことが起こってしまいます。

 

曹操と劉備が互いに使者を送りつつ、作戦を綿密に立てている際に、

使者が呂布に捕まってしまい、作戦が完全に露呈。

 

呂布はめられていたことに気づくと、劉備を攻めたてるわけですが、

陳珪・陳登が曹操・劉備らに内部から協力します。

横山光輝三国志(13巻99P)より画像引用

 

そして曹操自らも呂布討伐に乗り出しており、

結果的に呂布は敗北し、最終的に処刑されてしまいました。

 

 

完全にこの計略が成功したかというと、

劉備との作戦が露呈したことにより完全に成功したとは言えないかもしれません。

 

しかし陳珪・陳登親子との作戦はうまく働き、

結果的にこの作戦は呂布を滅ぼしたことで身を結んだといえるでしょう。