漢中の戦い

蒼天航路より画像引用

 

漢中という土地は、

張魯という人物が治めていましたが、

曹操に侵略され、曹操の領地となります。

 

その頃、成都を攻略した劉備ですが、

次のステージに進む為にも曹操との勝負を決意し、漢中攻略に取り掛かります。

 

漢中で激突した劉備と曹操でしたが、

曹操は重臣である夏侯淵(かこうえん)が討ち取られるなど

惨敗を喫してしまいます。

 

結果として漢中での戦いは、劉備軍の圧勝で終わり、

劉備は、益州最後の領地であった漢中を手に入れます。

漢中王劉備

漢中を攻略した劉備は、

ここで家臣からの勧めもあり、「漢中王」を名乗ります。

 

これは後漢の皇帝をないがしろにし、

魏王を名乗っている曹操に対して、それを許さないという劉備の叫びでした。

 

もともと漢を興した劉邦(りゅうほう)は、

この地で漢中王を名乗り、その後天下を統一しました。

 

そういう意味でも劉備が漢中王を名乗る事は、

大きな意味があり、非常に縁起がよいことだったのです。

 

漢中王になったばかりの劉備が、

人生の中で一番輝けた瞬間だったかもしれません。

劉備と孫権の激突

劉備が漢中王を名乗った頃、

劉備の義兄弟である関羽は、荊州を守っていました。

 

関羽が守る地は、曹操領地と孫権領地と接している重要地点であり、

重要地点であるがゆえに、関羽に守らせていました。

 

劉備からの吉報を聞いた関羽は、

荊州の地から曹操に戦をしかけます。

 

于禁(うきん)を捕らえ、龐徳(ほうとく)を討ち取り、

関羽の快進撃が続きます。

 

この時、関羽の快進撃を見て、

曹操は都を許昌から遷都しようと考えたぐらいでした。

関羽の不覚

快進撃を続ける関羽でしたが、

ここで思いがけないことがおきてしまいます。

 

孫権が曹操と結び、関羽の背後を襲います。

 

また荊州を守っていた武将も、

孫権にあっさり寝がえり、簡単に荊州が陥落してしまいます。

 

前には曹操軍、背後には孫権軍といった形で、

完全に挟まれた形になります。

 

結局関羽は、この劣勢を挽回できず、

孫権に捕らえられ、斬首されてしまいました。

麦城に籠城した関羽は、諸葛瑾の降伏勧告を拒否したの?

 

この知らせを聞いた劉備は、

あまりのショックから寝込むほどだったといいます。

 

曹操の死

関羽が死去して間もなく、曹操が病気でこの世を去ります。

そして、曹丕が曹操の跡を継ぎます。

後漢滅亡&魏皇帝の誕生

曹操の跡を継いだ曹丕ですが、

献帝に無理やり禅譲させ、曹丕は皇帝を名乗ります。

「魏」が誕生した瞬間です。

 

曹丕が皇帝を名乗った事により

劉邦より続いてきた「漢」は、完全に滅亡します。

蜀皇帝の誕生

 

曹丕が皇帝になり、漢滅亡の知らせを聞いた劉備は落胆します。

 

漢の復興を掲げ、ここまでやってきた劉備は、

関羽の死のショックも重なり、心に大きな穴が開いてしまいます。

 

そんな折に、曹丕が皇帝になった事を認めさせず、

漢はまだ滅んでない事を天下に知らしめる為に、

諸葛亮を筆頭に、家臣達に押される形で劉備は皇帝を名乗ります。

 

「蜀(蜀漢)」の誕生です。